読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

MBは増えるがインフレ率は下がる

インフレ率の低下が鮮明です。2013年4月の量的・質的金融緩和開始時の目標「2年で2%」の実現は絶望的で、 白川前総裁時代までの日本銀行を罵倒していた論者の「理論」の実証実験が失敗に終わりつつあるようです。

jp.reuters.com

f:id:prof_nemuro:20150228105051g:plain

f:id:prof_nemuro:20150228105053g:plain

日銀当座預金残高は40兆円→180兆円へと4.5倍に激増しましたが、インフレ率は逆戻りしています。

f:id:prof_nemuro:20150228030450g:plain

このことは、リフレ派が唱えていた「超過準備にはインフレ率引き上げ効果がある」「銀行が保有する国債を日銀当座預金に置き換える(政府の負債を日銀が肩代わりする)とインフレ率が高まる」が棄却されたことを意味していると言えるでしょう。

f:id:prof_nemuro:20150228030452g:plain

jp.reuters.com

「消費税率引き上げが無ければ、インフレ率は低下していなかった」という反論もあるかもしれませんが、それは金融政策よりも財政政策の効力が大きいこと、あるいは「インフレ率は金融政策次第」ではないことを意味します。

f:id:prof_nemuro:20150228105050g:plain

金融政策のアクセルの効きが悪いのに、財政政策でブレーキをかけても大丈夫でしょうか。

jp.reuters.com

日銀の量的・質的金融緩和(QQE)を成功させるためには、財政再建への信認が不可欠との黒田総裁の「信念」がありそうだ。