読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

政府が決めればマネーになる

大恐慌から第二次大戦期における各国の経済運営に関する様々な「実験」は示唆に富みます。

その一つが、Abba Lernerの「政府が税の支払いとして受け入れるものはマネーになる」というものです。*1

The modern state can make anything it chooses generally acceptable as money […] if the state is willing to accept the proposed money in payment of taxes and other obligations to itself the trick is done. Everyone who has obligations to the state will be willing to accept the pieces of paper with which he can settle the obligations, and all other people will be willing to accept these pieces of paper because they know that the taxpayers, etc., will accept them in turn.*2

法的な問題を除くとマネーは誰にでも発行可能ですが、そのマネーが安定的に流通するためには、マネーが「不渡り」にならないという保証が必要です。多くの国民と取引する主体=政府が「必ず受け取る」と保証することで、そのマネーはマネーとして流通することになります。

この考え方に基づいて、ギリシャの財政危機を解決しようという提案もあります。下の記事は頭の体操になります。


Why Understanding Money Matters in Greece | The Institute for New Economic Thinking


Abba Lerner (1943): "Functional Finance" (Brad DeLong's Grasping Reality...)

財政・金融政策に関する教条主義の蔓延によって、「実験」から得られた知識が否定されるようになったことが、近年の世界経済の混迷の背景にあるように思えます。


インフレ低下に追加刺激で対処なら「極めて愚か」=英中銀総裁 | Reuters


Mark Carney: Bank of England would be 'foolish' to fight current low inflation - Telegraph

*1:荻原重秀にも通じます。

*2:[1943] “Functional Finance and the Federal Debt”