読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

金融政策と実質金利

先日の記事で紹介したParenteauですが、Krugmanの1998年の日本への政策提言「実質金利を下げればOK」を批判しています。

www.nakedcapitalism.com 

New Keynesians like Krugman, Bernanke, Blinder, Yellen, etc. believe they have found a hammer, namely Irving Fisher’s real interest rate hammer, and so the whole economic world looks like a nail to them. Got an unemployment problem? Lower real interest rates. Got an inflation problem? Raise real interest rates. Life is simple, and life is good. It’s all there in Krugman’s 1998 paper – seriously, skim that piece.

この記事の中では、FT Alphavilleの"What’s the right rate? Or, the case for monetary policy nihilism"が引用されていますが、その中では、実質金利やインフレ率と景気の関係に疑問を呈する複数の研究結果が紹介されています。

www.clevelandfed.org

下の記事で紹介した論文も含まれています。

totb.hatenablog.com

Krugmanが1998年の"It's Baaack: Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap"で論じた「インフレターゲット&マネタリーベース供給増→予想インフレ率上昇→実質金利低下→経済成長率上昇」のモデルが、現実の経済とは相当違ったものであったことは確かなようです。