読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

日本と北欧の性犯罪統計比較

「日本は女を抑圧する後進国」と日本を非難する人がいるので、女にとっての最大級の脅威である強姦(rape)について、「先進国」の北欧と比較してみます。

f:id:prof_nemuro:20150323134150g:plain

異常に多いスウェーデンを除きます。

f:id:prof_nemuro:20150323134151g:plain

1970年代を境にして、日本は北欧と逆方向に進んだため、大幅に後れを取ってしまいました。北欧に追いつくことを目指すべきでしょうか。

f:id:prof_nemuro:20150324014427g:plain

[補足]

スウェーデンの数値が異常に大きい主因は、統計の取り方(定義)が異なることです。 

www.bbc.com

"So, for instance, when a woman comes to the police and she says my husband or my fiance raped me almost every day during the last year, the police have to record each of these events, which might be more than 300 events. In many other countries it would just be one record - one victim, one type of crime, one record."

www.thelocal.se

If younger people (or older, for that matter) have been out drinking and dancing and end up in a flat relaxing late at night, we are not surprised that the possibility of sex is raised. The process of getting turned on – and being seduced – is often vague and strange, involving looks and feelings rather than clear intentions. It is easy to go along and actively enjoy this process until some point when it becomes unenjoyable. We resist, but feebly. Sometimes we give in against our true wishes.

ドラマ等でよくある「酔った勢いで意気投合→目覚めると知らない男と寝ていた」を"rape"として告発可能になっています(後出しじゃんけん)。*1

欧米では1960~70年代に性の解放(革命)が進みましたが、性的コミュニケーションの規制緩和は、必然的に失敗(後悔)を増大させます(特に女側)。

totb.hatenablog.com

この後悔感情を自己責任として甘受するのではなく、男を加害者、自分を被害者とすることで解消しようとする動きが、スウェーデンやアメリカの大学に顕著に見られます*2。リベラルなイデオロギーを正当化するためには、副作用の全責任を男に帰する必要があるわけです。

www.theguardian.com

www.rollingstone.com

www.cbc.ca

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

スウェーデン社会の特異性については、下の記事中の分析が的確です。全文を読むことをお勧めします。

遺伝子に書かれている男女の役割分担を無視したルールを作っちゃった。

totb.hatenablog.com

*1:必ずしも有罪になるわけではありません。

*2:「壁ドン」はアメリカの大学では"sexual assult"と認定されると思われる。