読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

経団連の少子化対策の政策提言

日本経済団体連合会の政策提言「人口減少への対応は待ったなし-総人口1億人の維持に向けて-」が酷評されているようです。経団連が目標とする合計特殊出生率(2020年に1.8、2030年に人口置換水準の2.07)が非現実的であることはさておき、経団連・批判者双方の事実認識に問題があります。

経団連:人口減少への対応は待ったなし (2015-04-14)

www.asahi.com

経団連の提言では、フランスとスウェーデン少子化対策で成果を上げた先進諸国とされています。フランス(本土)の合計出生率は1993年に1.66まで低下しましたが、その後反転上昇し、2000年代末以降は2.0前後で推移しています。この上昇を「少子化対策の成果」としているわけです。

f:id:prof_nemuro:20150415223743g:plain

f:id:prof_nemuro:20150416005121g:plain

しかし、この見方に問題があることは、下の記事でイギリスを例に説明済みです。

totb.hatenablog.com

各世代(コーホート)の出生率は、1960年代後半生まれ以降で下げ止まっていますが、上昇傾向にはありません。

f:id:prof_nemuro:20150415223742g:plain

合計出生率の低下と反転上昇はテンポ効果(コーホート出生率が一定でも、晩産化が進行する過程では合計出生率は低下し、晩産化が止まると上昇する)によるもの*1であり、少子化対策の成果とは言い難いということです*2。念のため、フランスの人口学の専門家の著書から引用しておきます。「出生率の情勢指標」とは合計出生率のことです。

不均衡という病 〔フランスの変容 1980-2010〕

不均衡という病 〔フランスの変容 1980-2010〕

出生率の情勢指標は、1966年には女性1人当たり子ども2.9だったのが、1975年には1.9、1990年には1.6へと低下したが、その後また上昇し、2010年頃には2で安定する。女性が作る子どもの数が減ったということも多少はあるが、その主な原因は、女性が子どもを作る時期が遅くなったことである。[…]情勢指標の低下が華々しい様相を呈し、出産奨励主義者の間に一時パニックを引き起こすほどであったのは、とりけ女性が母となる平均年齢が上昇したためである。実際はいかなる時点においても、子どもを作る者としての生涯の全期間にわたって女性が産む子どもの最終的な数が、2人より下に落ちたためしはない。*3

出生率低下の主因が非婚化であるとの経団連の指摘はその通りです。女の約1/3が生涯無子(childless)になると予測されています。

f:id:prof_nemuro:20150415224535g:plain

f:id:prof_nemuro:20150414215021g:plain

非婚化の主因が若者の経済力の低下(就労環境の悪化)という指摘も誤りではありませんが、これだけではミスリーディングです。正確には「男の経済力の低下」です。

「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま

「婚活」現象の社会学 日本の配偶者選択のいま

女性は収入が高い男性を求め、安定した収入を得る若年男性が減少していることが未婚化の原因である」という説は、私が1994年にいくつかの論文で示し、『結婚の社会学』(丸善ライブラリー、1996年)で世に問うたが、これほど、長い間政策やマスコミから無視され続けたものはない。私は国の審議会やマスコミへのコメントなどで何度も述べているが、ほとんど反応はなく、「仕事を続けたいから結婚しない」という「俗説」の蔓延を止めることはできなかった。

f:id:prof_nemuro:20150322095547g:plain

内閣府の平成25年度「家族と地域における子育てに関する意識調査」における「若い世代で未婚・晩婚が増えている理由」に対する未婚者の回答の上位は以下の通りです(複数回答)。

男(n=126)

  • 54.8%:経済的に余裕がないから
  • 43.7%:独身の自由さや気楽さを失いたくないから
  • 39.7%:結婚の必要性を感じてないから
  • 35.7%:異性と知り合う(出会う)機会がないから
  • 25.4%:趣味や娯楽を楽しみたいから
  • 22.2%:希望の条件を満たす相手にめぐり会わないから
  • 20.6%:異性とうまくつき合えないから

女(n=103)

  • 57.3%:独身の自由さや気楽さを失いたくないから
  • 38.8%:希望の条件を満たす相手にめぐり会わないから
  • 36.9%:経済的に余裕がないから
  • 36.9%:結婚の必要性を感じてないから
  • 36.9%:異性と知り合う(出会う)機会がないから
  • 36.9%:仕事(または学業)に打ち込みたいから
  • 31.1%:趣味や娯楽を楽しみたいから

f:id:prof_nemuro:20140624171610g:plain

すなわち、経済(就労)面での男女平等が、女から見た「結婚相手として魅力的な男」を減少させているわけです。日本以上に「女が輝いている」シンガポールや香港では、日本以上に出生率が低下しています。2014年の合計出生率は、シンガポール1.25、香港1.235です。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

アメリカでも、女の学歴の高さと無子の割合には明確な正の相関があります。リベラル/フェミニストの要望通りに女をキャリア競争に駆り立てると、子供とのトレードオフのために出生率が低下するわけです(キャリアを得るためには子供を失わなければならない)。

f:id:prof_nemuro:20150415231106g:plain

男女平等はリベラル/フェミニストが望んだことでなので、彼らが経団連を批判するのは筋違いということです。男女を同等化すると、もぐら叩きのように経済格差が拡大し、非婚化が進むメカニズムは重要です。

totb.hatenablog.com

経団連は「街コン」を提唱したことを批判されていますが、「金持ち女子と貧乏男子の結婚促進」ならどうだったでしょうか。実現すれば効果的なはずですが、現実性は極めて乏しいと言わざるを得ません。「夫は稼ぐ人→稼がなければ夫ではない」という女の観念は、おそらく本能に根差したもの(進化の産物)であり、容易に変えられるとは考えにくいためです。

toyokeizai.net

いくら経済的に余裕がある女性が増えたとしても、男性を養うため何かを犠牲にする覚悟を女性が持ってくれないかぎり、高所得女性と低所得男性のカップルは増えることはないだろう。

そんな女性の意識改革が将来においても起きるのか、現状を鑑みると展望は極めて暗いと言わざるをえない。 

[再掲]

  • 57.3%:独身の自由さや気楽さを失いたくないから
  • 38.8%:希望の条件を満たす相手にめぐり会わないから

女性は、自分や自分の父親より経済力がつきそうな男性を選ぼうとする。

ある研究会でこの話をしたところ、ある女性研究者から「私は、結婚相手を経済力で選んだわけではない。話があうから選んだら、たまたま自分より年齢や学歴や収入が上だっただけ」と反論された。

しかし、ここで、考えなければならないのは、異性を「好きになる」という無意識の過程に働く社会的な力である。 

精神分析学の知見によると、女性は、父親をモデルとして理想の男性像を作り上げる。父親以上の社会的能力を身につけた男性でないと、魅力を感じない構造になっている。 

  1. 男女の働き方・所得の均等化
  2. 女の上方婚志向
  3. 社会の持続

の三つが同時に成立できない(トリレンマ)とすると、3.(総人口1億人の維持)を目指すなら、1.を否定せざるを得ません*4経団連にはそこまで踏み込んでもらいたかったものです。

補足

伝統的社会は、男女の相手選びの違い(生物学的な性差に由来)に社会的地位・役割等の違いを組み合わせることでカップリング率を高め、人口再生産を可能にしてきたわけです。進歩的イデオロギーに基づいて後者を否定した結果が、多くの先進国で進む人口再生産の失敗です(←途上国=伝統社会からの移民で補充)。

現実的な左翼に進化する 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)

現実的な左翼に進化する 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)

女は、産むことができる子の数が限られているため、相手選びの際にはあれこれ選り好みをしがちである*5。ところが男はと言えば、子の数が限られるとしたら、それはセックスの相手の数が限られるという以外に理由はありえない。もし高い地位に就くことで女と接する機会が増えるとすれば、男は女よりも高い地位を求める気持ちが強いだろうと考えられる。[…]トップに登りつめるためには何事も犠牲にするという覚悟の違いは生物学的な性差に由来するのかもしれない。

進歩的イデオロギーよりも、伝統的価値観のほうが人口再生産には有利であることは間違いないでしょう。経団連ネオリベラル的傾向が批判されていますが、それは批判者が信奉する進歩的イデオロギーの否定にもつながります。

www.asahi.com

福井県は「完全失業率の低さ」「平均貯蓄率」「女性の有業率」「女性の未婚者割合の低さ」でも全国1位だ。

女性が働きやすいという環境もある。「福井は家族経営が多く、従業員も家族の一員と見なす伝統的な価値観が根強く残っている。社長はめったに解雇をしないし、全員の顔を見てコミュニケーションをしっかり取る」(福井県商工会連合会の鷲田公弥・副参事)

www.sankei.com

福井県には、女性の社会進出の割に管理職への登用が少ない(全国41位)などの課題があるのも事実。それでも県民の「幸福度」が高いのは、3世代同居世帯など大家族の意義を実感しているからだろう。 

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com 

totb.hatenablog.com

*1:日本の2005年の1.26からの反転上昇も同じこと。

*2:加えて、出生率の高い国からの移民の増加の影響も無視できません。ネイティブのフランス人の出生率は約1.7という推計もあります。

*3:強調は引用者、以下同。

*4:少子化問題に詳しい官僚や政治家はこのことを理解していますが、バッシングを恐れて公言できない状況です。

*5:[引用者注]かぐや姫