読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

金融緩和と雨乞い

金融

リフレ派(?)がよく分からないことを語っています。

www.asahi.com

「日銀はかなりの量のお金を市場にばらまいているのに、物価が上がらないのはなぜか。

これに関しては、池尾の説明が的確です。

business.nikkeibp.co.jp

今の日銀の異次元緩和は厳密には紙幣印刷ではない。日銀の口座に準備預金が積み上がっているだけで、実際に市中に紙幣がどんどん出回っているわけではないからです。その準備預金も金利がゼロではなくて、わずかながらも金利をつけているので*1、資産の性質から言うと、短期国債と変わりません。この意味で異次元緩和は、長期の国債を買って、それを短期の国債に置き換える操作をしているに過ぎないともいえます。

銀行の安全資産が国債から日銀当座預金に置き換わっているだけです。日銀が「お金をばらまいている」のは財・サービス市場ではありません。

f:id:prof_nemuro:20150421233119g:plain

「物価が下がり続けるデフレの時はものの需要が減る。値下げをして需要を回復させればよかったが、日本では賃金を下げるのは難しく、賃金の原資となる利益を減らす値下げは難しかった。こうして本来下げるべきだった価格の据え置きが繰り返され、長いデフレ期に本来の価格と現実の価格が大きく離れた」

  • 物価が下がる→需要が減る
  • 値下げする→需要が回復する
  • 「本来の価格」まで値下げする→政策がスムーズに効くようになる?

賃下げが不十分だったことがデフレを招いたということですが、賃金指数(調査産業計)は消費者物価指数よりも先行して大きく下落しています。むしろ、賃金低下→家計の購買力低下→需要減退→デフレの因果のほうが強そうです。*2

人件費は増えていませんが利益は大幅に増えています。企業は思い切って「本来の価格」まで値下げすればよいのでしょうか。

f:id:prof_nemuro:20150422012954g:plain

「本来の価格になれば景気が良くなる」のロジックもよく分かりませんが、公理になっているようです。 

f:id:prof_nemuro:20150421233120g:plain

そろそろ日本国債に代わって米国債の購入を真面目に考えるべきだ。[…]外貨建ての国債を直接買うのでより円安を進める可能性はあるが、賃金が上がれば問題はない」

円の実質実効為替レートは歴史的低水準にあり、リフレ論者からもこれ以上の円安のデメリットを警戒する声が高まっています(途上国によくある「通貨暴落→輸入インフレ→実質所得減少」)。

gendai.ismedia.jp

「経験則」に従えば、1ドル=121円を超える円安が常態化すると、その後、日米経済に何らかの悪影響を及ぼす懸念が生じるということになる。

過去の経験則では、購買力平価から20%円安のレンジを超えてくると一方的に円安メリットを享受する局面からデメリットを意識し始める局面に入ってくる可能性は排除できない。

f:id:prof_nemuro:20150417191531g:plain

そもそも、「米国債購入→賃金上昇」の因果がよく分かりません。賃上げするなら、ピケティ説のほうが確実でしょう。

www.asahi.com

インフレ率を上昇させる唯一のやり方は、給料とくに公務員の給料を5%上げることでしょう。

「日銀はひたすら超過準備を増やせ」ということですが、

市場に流すお金の量を操作するしか方策がない。

リチャード・クーは2009年の著書で、"normal human being"は「25兆円で駄目なら50兆円、100兆円に増やせ」論を否定するだろうとしています。なお、現在の超過準備は150兆円を超えています。

The Holy Grail of Macroeconomics: Lessons from Japans Great Recession

The Holy Grail of Macroeconomics: Lessons from Japans Great Recession

Even though quantitative easing failed to produce the expected results, the belief that monetary policy is always effective persists among economists in Japan and elsewhere. To these economists, quantity easing did not fail: it simply was not tried hard enough. According to this view, if boosting the excess reserves of commercial banks to ¥25 trillion has no effect, then we should try injecting ¥50 trillion, or ¥100 trillion.

At the risk of belaboring the obvious, imagine a patient in the hospital who takes a drug prescribed by her doctor, but does not react as the doctor expected, and, more importantly, does not get better. When she reports back to the doctor, he tells her to double the dosage. But this does not help, either. So he orders her to take four times, eight times, and finally a hundred times the original dosage. All to no avail. Under these circumstances, any normal human being would come to the conclusion that the doctor's original diagnosis was wrong, and that the patient suffered from a different disease.*3 

f:id:prof_nemuro:20150422122745g:plain

「粘り強く雨乞いを続けると、必ず雨は降る」は真実ですが。

totb.hatenablog.com

*1:[引用者注]現在は0.1%

*2:高賃金の製造業の雇用減少→低賃金サービス業の雇用増加

*3:強調は引用者

広告を非表示にする