読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

「キモくて金のないおっさん」の参考記事

少子化・ジェンダー 政治・歴史・社会

「キモくて金のないおっさん」が話題になっていたようなので、参考になりそうな過去記事をピックアップしてみました。

togetter.com

キリスト教共産主義に続く強烈な西洋思想である男女同等化は、共感力の低い男的な女を利する一方で、多くの女と男が子孫を残せない社会をもたらしたことが最重要ポイントです(politically correct≠biologically natural)。「こんなに生きづらい社会」こそ、“フェミニスト”たちが望んだ世界そのものです。

president.jp

「今、新卒女子の約半数が非正規労働市場に入るんですよ。これでは先が見えず、子どもなんて産めません。一方、正社員として就職できた女性はハッピーかといえばそうでもない。男並みに働いて疲弊するか、2級労働者として扱われるか。我々世代は、女がこんなに生きづらい社会しかつくれなかったのかと思うと、忸怩たる思いです」

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

フェミニズムの基本的目標のひとつは、公平さである。つまり、男性でも女性でも同じ適性とモチベーションがあれば、与えられる成功のチャンスは平等であるべきだということだ。このことについてはまったく疑う余地はない。だがそれは、現実に男性と女性とが平均して同じモチベーションをもっているということにはならない。したがって、社会のあらゆる分野で男女が等しく活躍するというのは、必ずしも期待すべきではないのである。もうひとつ、フェミニズムの第二の目標は、女性の多様な価値を賛美し、実証することである。それらはしばしば男性の価値とは異なっている。そうであれば、女性が男性のようでないことを残念がるよりも、多くの女性に[…]備わっている向社会的指向を評価するほうがずっと重要なのである。 

おそらく共感力が低いであろう“フェミニスト”が「キモくて金のないおっさん」に冷淡(というより敵意満々)なのは何ら不思議ではありません。

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

何でフェミニズムが、彼ら*1の不安のケアをしなければならないのですか? 女にケアを求めるのは筋ちがいでしょう。そういう人たちがフェミニズムの妨げになるかもしれないので、降りかかる火の粉は振り払い、じゃまなものは足蹴にしなくてはならないから、対策は必要だとは思いますよ。私は社会工学的で管理主義的な発想を持たないので、彼らをケアする、つまり慰撫したり統制したりしようとは思いません。自分のケアは自分でする、これがフェミニズムの自己解放の思想の基本のきです。

めんどうくさがる男たちが、実際のインタラクションから完全に撤退してくれたら、それはそれでいい。ギャルゲーでヌキながら、性犯罪を犯さずに、平和に滅びていってくれればいい。そうすれば、ノイズ嫌いでめんどうくさがりやの男を、再生産しないですみますから。[…]彼らが間違って子どもをつくったらたいへんです。*2

www.asahi.com

 

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

近日中に「北欧は男のディストピア?」(仮題)をアップすることを予定しています。

*1:[引用者注]政治的、経済的既得権益を持たない若者のこと。なお、この発言者は上野千鶴子

*2:強調は引用者。