読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

財政赤字放置のすすめ

財政・国債

巨額の政府債務に対して「放置」を勧めるIMFエコノミストの分析が話題になっています。

jp.reuters.com

blogs.wsj.com

www.theguardian.com

www.brookings.edu

元記事はこちら。

blog-imfdirect.imf.org

A radical solution for high debt is to do nothing at all—just live with it.

But in the green zone, where the sovereign is in the comfortable position of being able to fund itself at reasonable—or even exceptionally low—interest rates, and there is no real possibility of a debt-induced sovereign crisis, living with debt, and allowing the debt ratio to decline organically through growth, may be a better option than deliberately paying it down.

このロジックに従うと、超低金利で"debt-induced sovereign crisis"も考えにくい日本の場合、緊縮財政策よりも「放置」がベターに思えます。

f:id:prof_nemuro:20150603215857g:plain

Adair Turnerのマネタイゼーションの勧めに通じるところがあります。

www.project-syndicate.org

IMFのブログ記事にリンクがある"When Should Public Debt Be Reduced?"の"Figure 1. Fiscal Space: Distance to Debt Limit"では、日本、イタリア、ギリシャキプロスが債務の限界に達しているとされていますが、日本は自国通貨(円)を保有している点で、他の三国(ユーロを使用)とは決定的に異なります。

政府債務は果たして「癌」なのでしょうか。

患者よ、がんと闘うな (文春文庫)

患者よ、がんと闘うな (文春文庫)

がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)

がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)