読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

クルーグマンの「おカネを刷ってもインフレにならないよ」

金融

日本銀行に「もっとおカネを刷れ」と言ったクルーグマンですが、一方では、Fedの準備預金激増策が高インフレを招かないことは当然と書いています。

下のグラフが、その"solid recent empirical evidence"です。

f:id:prof_nemuro:20150606201524g:plain

一見矛盾しているようですが、クルーグマンは、ゼロ金利下ではマネタリーベース激増に(予想)インフレ率引き上げ効果はなくなるが、中央銀行のコミットメントには引き上げ効果があると説明していました。

流動性トラップにはまった国――つまりマネーサプライを増やしても何の影響もないところ――がインフレを実現するにはどうすればいいだろう。これまで見たように、問題は要するに信用の問題だ。もし中央銀行が、可能な限りの手を使ってインフレを実現すると信用できる形で約束できて、さらにインフレが起きてもそれを歓迎すると信用できる形で約束すれば、それは現在の金融政策を通じた直接的な手綱をまったく使わなくても、インフレ期待を増大させることができる。実際、もし金融政策を名目金利という点から見るなら、インフレへの信用ある形でのコミットは、純粋なブートストラップ政策に見える。金利は実際には低下しなくていいし、必要なのは、経済が拡大して価格が上がり始めたときにも金利を上げないという約束だけだ。

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

しかしながら、2%インフレ実現の明確なコミットメントを打ち出した黒田・岩田体制下でも、クルーグマンの予想が実現しているようには見えません。

f:id:prof_nemuro:20150606202044g:plain

f:id:prof_nemuro:20150606202042g:plain

日銀が超過準備への付利を始めたためでしょうか(2008年11月~)。

Maybe it’s because those tricksy Fed officials started paying all of 25 basis points on reserves (Japan never paid such interest).

米欧向けと日本向けで二枚舌を使っているようにも思えます。

はしごを外せ―蹴落とされる発展途上国

はしごを外せ―蹴落とされる発展途上国

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com