Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

サマーズと中野信子と男女差

中野信子がpolitical correctnessに抵触する内容を語っています(同じ内容を男が語れば炎上必至でしょう)。

www.asahi.com

重要なのは、男は女に比べてばらつきが大きいことです。*1

「知能の分布も男女では違います。知能は普通、真ん中が多くて両端が少ない、釣り鐘型の分布です。女のほうが真ん中に多く集まり、男は釣り鐘の形が幅広くなっています。ひじょうに慎重に言わなければいけませんが、分布の形から言うと、頭の良い人は男に多い、ということになります。こういう研究を、性差を認めたくない人たちはとても批判してきました」

――この分布が正しければ、頭の悪い人も男に多い、ということですね。

「その通りです。言い方次第で男性からも女性からも批判されてしまいます」*2

…even if the average abilities of men and women were the same, there would be more men than women at the elite levels of mathematical ability—and also, though Summers didn’t say this, at the lowest levels as well.

president.jp

性差について興味深いポイントは、女性より男性のほうが個人差が大きいという傾向です。

生物学的には、メスよりオスのほうが身体的なばらつきが大きい。ヒトにおいても、男性のほうが体重や身長のばらつきが大きいのです。グラフにしたときには、女性は平均値近くが盛り上がりますが、男性のグラフはよりなだらかな山を描きます。

f:id:prof_nemuro:20150608221948g:plain

先日のEconomistの記事にも、トップ(大企業・政府・中央銀行などの長)の大部分を男が占める一方で、ボトム(囚人、殺人被害者、自殺者)も男が多数派であることが示されています。

www.economist.com

「男は女よりもばらつきが大きい⇒トップ層は男が多数派になる」は、10年前にサマーズがハーバード大学総長を辞任に追い込まれる原因になったことでもあります。科学よりもPCが上位にあることを示したエピソードでした

www.slate.com

"We all recite the mantra that we are 99 percent identical and take political comfort in it," Page said. "But the reality is that the genetic difference between males and females absolutely dwarfs all other differences in the human genome."

blogs.scientificamerican.com

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

男女には、形質や体力だけでなく、行動や心理のさまざまな側面に一貫した違いが見られる。もちろん、男より背の高い女がいるように、違いは絶対的なものではないが、分布の中心が大きくずれているのである。こういった違いも、狩猟採集時代の適応や、はるかにさかのぼって性という範疇が進化した時代からヒトが受け継いでいる遺産である。

これほど自明なことを認められず、「男女に生まれつきの差はない」などという荒唐無稽なことを信じる人が大勢いるのは残念なことです。人は見たいものしか見ない・信じたいことしか信じないということなのでしょう。

過去記事も参考にどうぞ。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

おまけ①

インタビューの後半では、不安感情を和らげるセロトニンを有効利用しやすい(遺伝子の)組み合わせを持つ人の割合が日本はアメリカの1/10であることから、日本人はベンチャービジネスに不向きであるとの説が唱えられています。これは、坂村健が十年以上前から唱えてきたことそのものです。*3

情報文明の日本モデル―TRONが拓く次世代IT戦略 (PHP新書)

情報文明の日本モデル―TRONが拓く次世代IT戦略 (PHP新書)

日本人は遺伝子的なレベルでベンチャラスなことが苦手という条件を持っていることになる。逆に、アメリカ人はベンチャラスなことを得意とする人間が社会の半分を占めるわけだ。

残念なことに、日本人が個人として強くなることは意識改革や構造改革でどうにかなる問題ではない。遺伝子のレベルにおいて、全体としてみれば日本人は個人レベルで戦うことに弱く、アメリカ人は強い傾向があるということが明らかになっているのだ。

togetter.com

おまけ②

米沢富美子はロレアル賞の授賞式において、「女は直観力と忍耐力に優れているので、本来は科学向き」と、サマーズを批判したそうですが、「生まれつきの性差は存在しない」と主張するために「女は生まれつき男より優れている」というのは理解不能です。

*1:様々な分野で「外れ値」の男女を思い出してください。ほとんどの場合、その人数は“男>女”でしょう。

*2:強調は引用者、以下同。

*3:MTRON(Macro TRON)は、最近話題のIoT(Internet of Things)を約30年前に先取りしていました。