読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

「日本のフィリピン化」計画進行中

安倍政権の「女性が輝く」の本質を示す記事が増えてきています。日本経済新聞のシリーズ「働き方 Next 女性が創る」の6月26日「フィリピンは「先進国」」がその典型です。

「ここでは働く女性がメイドを使うのは一般的」。世界経済フォーラムが調べた女性管理職比率は日本は11%なのにフィリピンは48%。世界トップクラスの原動力は家事の代行や育児支援サービスにある。

メイドも「働く女性」のはずですが、「輝く女性」とは見做されていないようです。

次の記事も同様です。リーズナブル=非常に安い(低賃金)を意味します。

gendai.ismedia.jp

共働きができる背景には「リーズナブルなメイドの供給」があると思う。シンガポールにいる欧米エリートたちは「自国でメイドさんを雇うなんて考えられない」という。それくらいシンガポールは家事支援環境が整っている。近隣諸国から大量にメイドの供給が可能であり、かつ事実上最低賃金がないため非常に安く雇うことができる。*1

「性別分業の否定⇔格差社会」のメカニズムは下の記事で言及済みですが、フィリピンはその典型例です。

totb.hatenablog.com

f:id:prof_nemuro:20150701000845g:plain

男女平等先進国のスウェーデンでも格差が急速に拡大中です。

www.thelocal.se

[…] inequality has risen faster in Sweden than anywhere else in the past two decades. 

f:id:prof_nemuro:20150701000843g:plain

フィリピンは、多くの若者が海外(過半数が中東)に出稼ぎに行く国でもあります*2。これを日本が見習うべき「先進国」とする主張は異様です。*3

「女性が輝くためにリーズナブルなメイドの供給を」は、要するに「家事・育児は低次元の“輝けない”仕事→主婦はなんで自分の人生を家事や育児をすることにかけているんだろう?→メイドを低賃金で雇えばよい」という勝ち組女の論理です。アメリカやシンガポールに移住したスウェーデン人の女が「目覚め」て実行していることでもあります。*4

www.zakzak.co.jp

totb.hatenablog.com

このような観念を持った女が「自分より稼がない男」と結婚して一家の大黒柱になることはまずありません。シンガポールがその好例です。

totb.hatenablog.com

結局のところ、ナチスドイツが見抜いていたことが、先進国に広がる「男女の同等化=女性が輝く」の本質ということでしょう。そもそも、男たちの大部分は「輝いていた」というより「賃金奴隷」ではないでしょうか。*5

ヒットラーの社会革命―1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイ

ヒットラーの社会革命―1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイ

「過去の婦人運動は36人の婦人国会議員と数十万のドイツ女性を大都市の路上に狩り出した」と、ある女性の党支持者は書いた。「それは1人の女性を高級官僚にし、数十万の女性を資本主義的経済秩序の賃金奴隷たらしめた。働く権利を奪われている男はいまや約600万もいる。女だけが、安価でいつでも利用できる搾取の対象として、いまなお仕事を見つけることができるのである」。

「男女平等」とリベラルを装いながらも"have it all"と強欲を隠さないネオリベラルエリート(羊の皮を被った狼)の庶民への攻勢はますます激しくなりそうです。

totb.hatenablog.com

追記

「女性が輝く男女平等社会」とは、支配者(富裕層)と被支配者(賃金奴隷)に分断された社会のことです。勝ち組男女(少数派)は等しく豊かに、負け組男女(多数派)は等しく貧しくなるでしょう。

アパルトヘイト南アフリカには、自由主義的・民主主義的ルールにしたがって申し分なく機能する平等な市民の集合体があったのだけれども、その自由や民主主義は被支配者たちが存在するという条件でのみ成立していた。

人種差別時代のアメリカと同じだ。アメリカでは、白人グループ内の平等が、アメリカ原住民および黒人に対する支配によって保障されていた。 

結婚してシンガポールに移住したスウェーデンの女も、男女平等の理想を守るためにフィリピン人やインドネシア人メイドを低賃金で雇っています。

sciencenordic.com

Many of the interviewees said that they were exhausted after managing both a career and small children back in Sweden. In Singapore they became economically dependent on their husbands, but the ideal of gender equality was still important to them.

“In order to maintain this ideal they had a maid,” says Lundström. 

エリート内の男女平等を、低賃金非正規労働者に対する支配によって保障することが「女性が輝く日本」です。 

totb.hatenablog.com

*1:強調は引用者、以下同。

*2:2014年のOverseas Filipino Workers (OFWs) は約230万人。男女はほぼ半々。

*3:そのうち、「フィリピンは男女ともグローバルに活躍する先進国」と言われるようになるかもしれません。

*4:メイドはなんで自分の人生を勝ち組女の家事・育児代行にかけているんだろう?

*5:「1人のジダンのために多数の移民(子孫も含む)を貧困層たらしめた」ヨーロッパの移民政策も同じことです。