読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ヘリコプター・マネーと終末論

日本銀行の量的・質的金融緩和が目処の2年が経過し、日銀のバランスシートはさらに拡大中です。保有国債は300兆円に達しています。

f:id:prof_nemuro:20150810065635g:plain

それにもかかわらず、リフレ派が期待していたような劇的な効果は生じていないため、政府の国債発行&財政出動と合体させた「ヘリコプター・マネー」政策を求める声もあるようです。

そのヘリコプター・マネーについて、イングランド銀行エコノミストQEとの違いを含めて分析しています。

bankunderground.co.uk

For helicopter money to work, households and firms have to believe that all future central bankers and governments want to abandon inflation targeting. That seems implausible given current institutional set-ups. Convincing people of the policy’s irreversibility will therefore require threatening to impose large costs on society at a future date. While fiscal policy may stimulate growth, the extra kick from helicopter money is either non-existent or comes with a sky-high price tag. Let’s leave it to the eschatologists.

ヘリコプター・マネーは政府と中央銀行に対する信用を失わせる「高コスト」の政策としています。

近年では、自国通貨の廃止に至ったジンバブエという好例がありますが。

www.bbc.com