読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

景気動向の確認

アベノミクス

最近の経済指標をグラフで確認します。

jp.reuters.com

まずは「実態悪化のGDP」から(紫色の縦線は安倍政権発足の2012年Q4)。名目では増加基調を続けていますが、実質では停滞しています。リフレ派が唱えていた「インフレ転換→実質成長率上昇*1」は実現していません。

f:id:prof_nemuro:20150819215708g:plain

輸出の勢いは減速気味です。

f:id:prof_nemuro:20150819215703g:plain

f:id:prof_nemuro:20150819215701g:plain

f:id:prof_nemuro:20150819215700g:plain

第二の矢も同様です。

f:id:prof_nemuro:20150819215704g:plain

設備投資も同様です。

f:id:prof_nemuro:20150819215705g:plain

よろしくないのが家計消費です。

f:id:prof_nemuro:20150819215707g:plain

家計消費の主な原資の雇用者報酬は名目では増加基調にありますが、実質では消費税率引き上げと輸入インフレによって抑制されています。

f:id:prof_nemuro:20150819215659g:plain

賃金指数(現金給与総額)は低迷が続いてます。医療・福祉が全体を引き下げていることが窺えます。

f:id:prof_nemuro:20150821220346g:plain

blogos.com

原因となった教育出版の『中学社会 公民』には、介護保険制度が抱える課題を取り上げられ、介護職員の人手不足について「介護の仕事が重労働で低賃金」との趣旨の記述がある。また実教出版の高校生向けの『最新 現代社会』には写真説明の中に「介護現場は重労働で賃金も高くない」とある。

消費者物価指数、特に食料価格に比べた現金給与総額の減少は、低所得層に打撃になっていると推測されます。

f:id:prof_nemuro:20150821220401g:plain

f:id:prof_nemuro:20150821220412g:plain

一方、就業者数にはアベノミクス効果が見られるようです。

f:id:prof_nemuro:20150819215651g:plain

しかし、その多くは趨勢的に増え続ける医療・福祉によるものです。*2

f:id:prof_nemuro:20150821224250g:plain

f:id:prof_nemuro:20150819215713g:plain

第一の矢(金融緩和→円安)と第二の矢と関係する製造業と建設業では、就業者数は横ばいのままです。

f:id:prof_nemuro:20150820204045g:plain

f:id:prof_nemuro:20150819215711g:plain

マネタリーベースは増え続けていますが、アベノミクスの推進力は失われつつあるようです。

f:id:prof_nemuro:20150819222357g:plain

f:id:prof_nemuro:20150820235557g:plain

下の二つの記事は、アベノミクスの先行きに関して対照的な内容ですが、果たしてどちらが客観的な認識でしょうか。

gendai.ismedia.jp

jbpress.ismedia.jp

100万人就業者が増えた。ありがたいことにそのうち90万人が女性だった。

f:id:prof_nemuro:20150820215614g:plain

f:id:prof_nemuro:20150820215612g:plain

ヒットラーの社会革命―1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイ

ヒットラーの社会革命―1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイ

「過去の婦人運動は36人の婦人国会議員と数十万のドイツ女性を大都市の路上に狩り出した」と、ある女性の党支持者は書いた。「それは1人の女性を高級官僚にし、数十万の女性を資本主義的経済秩序の賃金奴隷たらしめた。働く権利を奪われている男はいまや約600万もいる。女だけが、安価でいつでも利用できる搾取の対象として、いまなお仕事を見つけることができるのである」。 *3

f:id:prof_nemuro:20150820000332g:plain

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

追加

diamond.jp

以上の状況を見ると、実質賃金が増加しないことが、消費低迷の原因であることが分かる。消費停滞は、「インフレ目標」という経済政策の目的が誤りであることを示しているのである。

「企業の収益改善が……賃金上昇につながり、それが消費の増加に結び付く『経済の好循環』が着実に回り始めている」という白書の主張は、「詭弁だ」としか言いようがない。

*1:日本銀行が銀行等の保有する国債を日銀当座預金とスワップする→予想インフレ率が上昇する→実質成長率も上昇する

*2:これがアベノミクスの「女性が輝く」です。

*3:強調は引用者、以下同。

広告を非表示にする