読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

リベラルの攻撃性と遺伝

リベラルと言えば、多様性を認める弱者や少数派の見方のイメージがありますが、近年の米欧ではむしろ異論を封殺する過激な活動が目立っています。

その根底には遺伝子が関係した「共感的な人ほど攻撃的になる」という傾向があるとの研究が紹介されています。*1

www.theatlantic.com

As predicted, there was a greater connection between empathy and aggression in those subjects that had those genes—that is, more empathic people were more aggressive when exposed to the suffering of strangers.*2

リベラルの本質は「羊の皮を被った狼」ということでしょうか。*3

The Silencing: How The Left is Killing Free Speech

The Silencing: How The Left is Killing Free Speech

End of Discussion: How the Left's Outrage Industry Shuts Down Debate, Manipulates Voters, and Makes America Less Free (and Fun)

End of Discussion: How the Left's Outrage Industry Shuts Down Debate, Manipulates Voters, and Makes America Less Free (and Fun)

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

追記

リベラルが「表現の自由」や「歴史的経緯」を認めないことの実例。「米欧のリベラル≒紅衛兵」と言えるでしょう(あるいはmoral police)。

www.huffingtonpost.jp

*1:勝手に「集団的自衛権」を発動してしまうようなもの?

*2:強調は引用者。

*3:というよりも、「自分を羊と思い込んでいる狼」でしょう。狼にとっては迷惑なたとえでしょうが。