読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

インフレ予想と家計消費

いわゆるリフレ政策のロジックに、「デフレ→家計が消費を先延ばしする→経済活動が冷え込む」のだから、「インフレ予想を定着させる→家計が消費を活発化させる→経済が好循環を始める」があります。

実際、ドイツにおいては、大都市の高学歴・高所得の現役世代にこの傾向が見られるという研究があります。

Inflation expectations spur consumption | VOX, CEPR’s Policy Portal

We find that the effect is significantly stronger for the more educated heads of household, for higher-income households, for households living in larger cities, and for working-age heads of household.

一方、Bachmann, Berg and Sims (2015)の"Inflation Expectations and Readiness to Spend: Cross-Sectional Evidence"では、Michigan Survey of Consumersの分析から、以下のように結論しています。

However, our result that buying attitudes for durable goods are largely unrelated (or negatively related, particularly during the recent zero lower bound period) to expected inflation is pervasive and robust across the majority of U.S. households.

Two observations as to the economic mechanisms behind our findings are worth noting: expected future nominal interest rates have a significantly positive effect on spending today, but inflation expectations have a zero to small negative effect.

リフレ派には困った内容です。

この論文を参照しているイングランド銀行のブログでは、インフレ率以外の要素、特に所得の見通しが消費に影響すると結論しています(当然と言えば当然)。

bankunderground.co.uk

Whilst lower expected inflation may help to reduce spending, what actually happens to spending will also depend on lots of other factors, including other types of expectations. There is clear evidence that income expectations are important for spending decisions, […]

「所得は伸びないがインフレ率は上昇する」との予想は消費にはマイナスに作用する可能性大です。家計消費を活発化させるには、延々と下がり続ける実質賃金が反転上昇すると予想させる必要がありそうです。

f:id:prof_nemuro:20151005003358g:plain

とはいえ、政府のコミットメントは「GDP600兆円」であり、労働者の所得ではありませんが。

blogos.com

結局、いくら「働き方の多様化」などオブラードな言葉で包んだとしても、派遣という働き方に対し、企業が「労務コストを下げるため」という認識がある以上、多くの派遣労働者は恵まれない立場にならざるを得ない。

totb.hatenablog.com