Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

医学部人気と日本の没落

医療費と日本経済の将来について考察します。

totb.hatenablog.com

2013年度の国民医療費の2/3を60歳以上が占めます。

f:id:prof_nemuro:20151019215400g:plain

1人当たり国民医療費は、年齢が高くなるほど増えていきます。

f:id:prof_nemuro:20151019215357g:plain

この年齢階級別国民医療費と国立社会保障・人口問題研究所の人口推計から、2040年度の国民医療費を推計します。年齢階級別国民医療費は不変とし、人口は中位推計を用います。

年少人口が35%、生産年齢人口が27%減少する一方で、老年人口は21%増加します。その大部分を85歳以上が占めます。

f:id:prof_nemuro:20151019215353g:plain

2040年度の年齢階級別国民医療費(推計値)は下のグラフの通りになります。85歳以上の増加が顕著です。

f:id:prof_nemuro:20151019215351g:plain

2040年においても、85歳以上の大部分は生産活動から退いた「退役」の状態にあると予想されます。「退役」した老人の「保存」が、今後の医療の中心になっていくわけです。

ところで、近年、医学部志望者の増加と医学部の難易度上昇が目立ちます。

医者を目指す若者が増えている。国公立、私立を合わせた全国80大学の医学部の延べ志願者数は、2007年度の12.8万人から昨14年度は16.9万人まで増加。

長期の経済停滞、特にリーマンショック以降、医学部の人気が高まったことは間違いない。特に理系学生の上位層で医学部志向が強くなっている。かつて「技術立国」の名の下、理系の花形といえば工学部だった。それが現在では、理系秀才が次々と医学部に吸い寄せられている。

このことは、学力優秀な若者の多くが、将来「退役老人の保存」に携わるようになることを意味します。生活水準の上昇の原動力は工学系の技術進歩ですが、新技術の開発よりも老人の延命に優秀な人材が投入されるわけです(老人の延命が社会の最優先事項に)。企業にたとえると、優秀な新入社員は研究開発部門ではなく、過去の技術や設備の保存部門に配属するようなものです。そのような企業が没落していくであろうことは想像に難くありません。*1

週刊東洋経済』のインタビューで、開成高校校長も懸念を示しています。

柳沢幸雄・開成高校校長は「生徒には将来不安がある。医者ならば資格があり安定していて、収入も高いイメージがあるのだろう」と語る。

優秀な学生が医師ばかりに向かうのは、日本の才能の分配として望ましくない。

장하준も韓国について同じことを指摘しています。

世界経済を破綻させる23の嘘

世界経済を破綻させる23の嘘

2003年におこなわれた調査によると、理系の「最優秀・大学受験生」(トップ2%以内の者)のほぼ5人に4人が医学部進学を望んでいた。また、ここ数年間の非公式データでは、韓国の27の医学部中、最も入りやすいところでも、最難関の工学部よりも合格するのが難しかった。

韓国の理系の最も優秀な若者の80%が、医師に向いているなんてありえない、と思う。したがって、自由度では富裕国のなかで最高クラスの韓国の労働市場は、才能を最も効率よく社会に配分するということに見事に失敗している。なぜか? それは雇用の不安定化が強まったせいである。*2

www.theguardian.com

Moreover, increased job insecurity has driven the best Korean students into "secure" professions, like medicine and law, leaving science and engineering deprived of top talents. If this trend continues, the country's ability to innovate will be damaged.

韓国経済の将来が暗いのであれば、韓国に負けじと雇用の流動化(≒不安定化)を進める日本の将来も明るいとは言えないでしょう。

totb.hatenablog.com

追記

diamond.jp

おまけ

東大理Ⅲの女子学生のエピソード

totb.hatenablog.com

医療関係者の知人(男)から聞いた話です。

知人が女の医学生(東大理Ⅲを含む)と雑談していたところ、恋愛や結婚の話になったそうです。その先の展開は、

  • 知人:「君たちみたいに頭が良いと相手を見つけるのも大変でしょう」
  • 彼女たち:「私たちが結婚できなくなるってことですか」(抗議するような口調で)
  • 知人:「いや、君たちより『下の男』と結婚すればいいだけだよ。いくらでも相手はいるよ」
  • 彼女たち:(即座に)「嫌です」

その結果がこれです。

f:id:prof_nemuro:20160114104358g:plain

*1:先日、意見交換した某大病院の病院長からも、同趣旨の事を聞かされました。「医療はマイナスをゼロにできるがプラスにはできない」「プラスにできるのは理学・工学の進歩」とのことでした。

*2:強調は引用者。