Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

クルーグマンの転進のまとめ

リフレ派の教祖・クルーグマンの変心(梯子外し?)について過去記事をまとめます。

blogos.com

(特に日本のリフレ派)が教祖のような扱いをしていたクルーグマンがあっさりと梯子を外して話題になっている。

このクルーグマンの日本論の再考("Rethinking Japan")について、その意味するところを少しでも小さく見せたい一派は、「クルーグマンはもっと高いインフレ率を主張しているだけだ!」とか、「単に財政政策ももっとやれと言っているだけだ!」と強弁したりもしているようであるが、普通に読めばそのように片づけられる話ではない。 

クルーグマンの元々の日本経済分析は、「低インフレ→実質金利が高止まり→支出抑制」 なので、財政出動が無くても、大胆な金融政策によって期待インフレ率を引き上げれば、実質金利低下が低下して経済が刺激されるというものでした。

金融政策によって期待インフレ率を引き上げられるという根拠は「monetary baseが増えると価格は必ず上がる」です。

http://cruel.org/krugman/krugback.pdf

まさにふつうの見方は、マネーはおおむね中立的だ、というものだ――マネーサプライが増えると、一般価格水準もほぼそれと同じ割合で増大する。あるいはもっと厳密に言えば、外部(outside)のお金――つまりmonetary base――が増えると価格は必ず上がる*1

マネー(つまりはoutsideのマネー)は無条件でなにがなんでも中立のはず、なんだ。

マネタリーベース→マネーサプライ→物価には比例的関係があるので、中央銀行が将来のマネタリーベースを大幅(たとえば現状の2倍)に増やすことにコミットして大規模供給を開始する→将来の物価水準が2倍になるとの予想(期待)が形成される→期待インフレ率が上昇する、ことになります。

ところが、各国の量的緩和の状況から、

  • 中央銀行の「インフレ目標+量的緩和」だけでは期待インフレ率引き上げには力不足(←中銀の「無責任さ」はなかなか信用されない)
  • 大規模な財政出動による支援が必要

に主張が変化します。今年9月のコラムでは、

http://www.nytimes.com/2015/09/11/opinion/paul-krugman-japans-economy-crippled-by-caution.html

When you print money, don’t use it to buy assets; use it to buy stuff. That is, run budget deficits paid for with the printing press.

と、マネタイゼーションによる財政支出を主張し、先月のNYTのコラム"Rethinking Japan"では

  • 日本経済には人口動態に起因する「強力な下向きの力」が働いている
  • そのため、2%インフレでは実質金利引き下げに不十分
  • 大規模な財政・金融拡張策によって「下向きの力」を振り切って上昇するだけの「脱出速度」を達成することが必要

となります。先日のIMFのカンファレンスでは、

  • 万人に共通する期待インフレ率というものは存在しない

と"It's Baaack"を根底からひっくり返すに至っています。"Rethinking Japan"の結論も、単なる「大規模な財政出動&"accommodative"な金融政策」のポリシーミックスに過ぎません。「大規模なマネタリーベース供給が必要」という結論は変わっていないものの、その論理構成は"It's Baaack"とは別物です。

スティグリッツ

世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

アメリカが大恐慌から抜け出しはじめたのは、世界戦争にそなえるべく、政府の支出がうなぎ上りになってからだった。わたしたちは単純明快な真実を把握する必要がある。回復をもたらしたのは政府の財政出動だ。金融政策の修正でもなく、銀行制度の復活でもなく、ケインズ主義的な景気刺激策なのだ。

と論じていましたが、クルーグマンも昨日のコラムで

http://krugman.blogs.nytimes.com/2015/11/17/terrorists-and-aliens/

What put a decisive end to the slump was World War II, which led to deficit spending on a scale that was politically impossible before.

と、同じことを記しています。

もう決着がついたと言ってもよいでしょうが、モデルの根幹の「外部(outside)のお金――つまりmonetary base――が増えると価格は必ず上がる」と貨幣乗数アプローチが現実と異なっていたところに問題があります。

残念ながらこうした解説は、理論的に全くのピントはずれであり、これが世間の誤解を増幅し、世論の混迷を招いているのである。

リチャード・クーは、「量的緩和の効果が乏しい→追加緩和が必要」という主張を次のように例えていました。

The Holy Grail of Macroeconomics: Lessons from JapanÂs Great Recession

The Holy Grail of Macroeconomics: Lessons from JapanÂs Great Recession

…, imagine a patient in the hospital who takes a drug prescribed by her doctor, but does not react as the doctor expected, and, more importantly, does not get better. When she reports back to the doctor, he tells her to double the dosage. But this does not help, either. So he orders her to take four times, eight times, and finally a hundred times the original dosage. All to no avail. Under these circumstances, any normal human being would come to the conclusion that the doctor's original diagnosis was wrong, and that the patient suffered from a different disease.

"Normal human being"か否かの診断に使えそうです。

詳しくは過去記事をどうぞ。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com 

おまけ

クルーグマン

  1. 自分のモデルはトービンと同じ
  2. イングランド銀行のモデルもトービンと同じ
  3. 自分のモデルはイングランド銀行の解説と矛盾しない

と主張したいようです。

http://krugman.blogs.nytimes.com/2014/04/28/a-monetary-puzzle/ 

But it doesn’t seem, in any important way, to be at odds with what Tobin wrote 50 years ago (pdf) — indeed, the BoE paper cites Tobin extensively. And I have always thought of money in Tobinesque terms, even if I sometimes use shorthand descriptions that can be misread if you take them out of context; the same is true of many economists.

しかし、クルーグマンがリンクを貼っているトービンのペーパーでは、 

But the textbook description of multiple expansion of credit and deposits on a given reserve base is misleading even for regime of reserve requirements.

An individual bank is not constrained by any fixed quantum of reserves. It can obtain additional reserves to meet requirements by borrowing from the Federal Reserve, by buying “Federal Funds” from other banks, by selling or “running off” short term securities. In short, reserves are available at the discount window and in the money market, at a price.

となっています。どう見ても、クルーグマンのモデルとは別物です。

クルーグマンを鵜呑みにするのはnaïve過ぎるでしょう。

クルーグマンの「前科」については下の記事も参考に。

The Keen/Krugman Debate: A Summary | Unlearning Economics

*1:強調は引用者、以下同。