読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

クルーグマン論法の整理~本体とオプション

クルーグマンの日本に関する言及が話題になっているようなので、そのロジックについて整理します。

1998年に"Japan's Trap"を発表した時点では、その力点は財政ではなく金融に置かれていました。

P. Krugman "FURTHER NOTES ON JAPAN'S LIQUIDITY TRAP" Japanese

財政支出の拡大は、確かに経済に需要を送り込む方策の一つではある。そして日本のどうしようもない惨状と、どうすればうまくいくか本当にはっきりしないということとをあわせて考えるなら、インフレへのコミットと同時に財政支出を拡大したほうがいいとは思う。

でもぼくは、財政出動だけでは有効かどうか疑問だと思う。 

必要なのは、信用のおける形で「将来の」金融拡大を約束することにより、インフレ期待をつくりだすことだ。

それまではケインズ的な財政出動しか解決策がないと考えられていたところに、金融政策によって「インフレ期待をつくりだす」という政府債務を増やさない新たな解決策(モデル)を示したところが衝撃的だったわけです。*1

クルーグマンの元来の主張は、

ということです。本体にオプションを付けるとインフレ目標+中銀の国債大規模買い入れ財政出動」です。

一方、アメリカが大恐慌から脱却できた主因は、単純明快なケインズ主義的な巨額の財政出動でした。

世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

アメリカが大恐慌から抜け出しはじめたのは、世界戦争にそなえるべく、政府の支出がうなぎ上りになってからだった。わたしたちは単純明快な真実を把握する必要がある。回復をもたらしたのは政府の財政出動だ。金融政策の修正でもなく、銀行制度の復活でもなく、ケインズ主義的な景気刺激策なのだ。

f:id:prof_nemuro:20151116224812g:plain

この際には、Fedも大規模に国債を買い入れて協調しました。終戦時には、Fedのバランスシートは大恐慌前の9倍に膨らんでいます。

Monetizing the Debt - Economic Synopses - St. Louis Fed

…, during World War II the Fed had an explicit agreement with the Treasury to stabilize the Treasury’s cost of war finance. Consequently, the Fed purchased large quantities of government debt to keep interest rates from rising. This created a large increase in the monetary base and the money supply.*2

f:id:prof_nemuro:20151119233145g:plain

f:id:prof_nemuro:20151119195359g:plain

f:id:prof_nemuro:20151119195357g:plain

大恐慌からの完全脱却には「財政出動+中銀の国債大規模買い入れ」が有効だったわけですが、この本体に「インフレ目標」をオプションとして付けると「財政出動+中銀の国債大規模買い入れ+インフレ目標」となり、クルーグマンのオプション付きプランと外面は同じものになります。

クルーグマンも1999年の時点で 

DELUSIONS OF RESPECTABILITY: Japanese

財政政策もとことんまでやりつくしてるのは、国債の利回りがあがっていたり、格付け機関からの格下げの脅しをみる限りでは明らかだし、それでも効果なし。

残された選択肢は、マネタイズすることだ。日銀が通貨ベースを増やして(まあ国債を買うのが定石だろうね)、そこそこのインフレ期待を意図的に起こさせることだ。

マネタイゼーションに言及していましたが、主眼は期待インフレ率引き上げにあり、巨額の財政支出ではなかったことは明らかです。外面は同じでも、その組み立てには違いがあります。

実際、第二次大戦時のアメリカでFedが巨額の国債を買い入れたのは金利上昇を抑制するためで、期待インフレ率を高めるためではありませんでした。大恐慌からの脱却にはインフレ目標のオプションは不要で、「財政出動マネタイゼーション」で十分だったということです。

クルーグマンの元来の主張の核心は「期待インフレ率引き上げ」だったわけですが、先日のIMFのカンファレンスで「(万人に共通の)期待インフレ率というものは存在しない」と、これまでの主張を根底から揺るがす発言をしています。このことは、クルーグマンが主張してきたオプション付きプラン「インフレ目標+中銀の国債大規模買い入れ財政出動」からインフレ目標を除外しても大差がないことを意味します。

jp.wsj.com

しかし、クルーグマンにとっては好都合なことに、「財政出動+中銀の国債大規模買い入れ」には実証済みの強力な景気刺激効果があります。また、大規模な財政出動を行えば、インフレ率が高まることも確実です。*3

f:id:prof_nemuro:20151119195400g:plain

つまり、「インフレ目標+中銀の国債大規模買い入れ」に期待インフレ率引き上げや景気刺激の効果がなくても、「財政出動+中銀の国債大規模買い入れ+インフレ目標」を実行すれば、結果的にはインフレ率上昇&景気拡大が実現し、「インフレ目標+国債大規模買い入れ」に効果があった(自説の正しさが立証された)ように見えるわけです。

たとえると、

  1. 従来の薬Aに代わる画期的新薬Bを開発したと大々的に発表
  2. ところがBの有効性に疑問が浮上
  3. AとBの併用を「標準」として強力にアピール
  4. 「標準」が有効性を示す→「Bの有効性が実証された」と主張する(実際はAだけで十分)

ようなものです。

最近のNYTのコラムは、1998年の自説(インフレ期待)を正しく見せるために巨額の財政出動を求めているように読めてしまうのですが(抱きつき作戦?)。

http://krugman.blogs.nytimes.com/2015/10/20/rethinking-japan/ 

The only way to be at all sure of raising inflation is to accompany a changed monetary regime with a burst of fiscal stimulus

What Japan needs (and the rest of us may well be following the same path) is really aggressive policy, using fiscal and monetary policy to boost inflation, and setting the target high enough that it’s sustainable. It needs to hit escape velocity.

http://krugman.blogs.nytimes.com/2015/11/17/terrorists-and-aliens/

What put a decisive end to the slump was World War II, which led to deficit spending on a scale that was politically impossible before.

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:日本の「頭のいい」人たちが熱狂して「リフレ派」になった理由。頭がいい人ほど、単純明快な財政政策よりも、捻ったモデルを用いた金融政策に傾倒する傾向があるようです。

*2:強調は引用者、以下同。

*3:インフレ期待が需要増を引き起こすのではなく、需要増がインフレを引き起こす(ディマンドプル・インフレ)。