Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[雑感]Illiberal leftの萌えキャラ攻撃

最近、illiberal left(特にフェミ系過激派)のアニメや漫画への攻撃が活発化しているようです。*1

nlab.itmedia.co.jp

www.j-cast.com

米欧の"illiberal left"の中で最も凶暴なのがフェミ系ということですが、日本でも事情は似ているようです。

The Silencing: How The Left is Killing Free Speech

The Silencing: How The Left is Killing Free Speech

Illiberal feminists are perhaps the most ferocious warriors among the illiberal left. They deny conservative men the right to speak on any issue that affects women, and they are utterly intolerant of any dissenting women, …

しかしながら、性的表現に対する嫌悪感は、日本のilliberal leftのほうが上回っているようです。その根底には、日本がセックス・アピールに消極的な文化であることがあるようです。

nikkan-spa.jp

なぜフランスでは子どもが増えるのか -フランス女性のライフスタイル (講談社現代新書)

なぜフランスでは子どもが増えるのか -フランス女性のライフスタイル (講談社現代新書)

たったひとつ、私が、フランスで買う服と日本で売っている服との間に、あると確信している違いがあるのだ。

実に微妙かつ決定的な差、それは胸の開き加減である。 

 一般の女性のために売られている服がセクシーであるのには、二つのことが考えられる。一つは、買う女性が、セクシーさを誇示したいと思っているということ。もう一つは、セクシーさを表すことが世間的にプラス評価されているということである。

女がセックス・アピールを誇示することに対する社会の許容度の差が、あの五ミリの差なのである(五ミリかどうかはしらないが)。*2

欧米や南米に行けば、一般の日本人の感覚では「露出過剰」の女はいくらでも歩いています。ドイツのメルケル首相もその一例です(←さすがにやり過ぎ)。

www.spiegel.de

www.telegraph.co.uk

日本の"illiberal left"が女のセクシー姿を嫌悪する心理ですが、成熟拒否と関係するように思えます(セクシーよりも可愛い)。少なくとも、イスラム教的なものではないでしょう。

注意すべきは、性的なものを否定することは、恋愛や結婚の否定、ひいては人口再生産の阻害につながることです。

  • 性に寛容+自由恋愛→カップル成立(フランス、北欧)
  • 性に不寛容+割当制→カップル成立(イスラム社会)
  • 性に不寛容+自由恋愛→カップル不成立(日本?)

最近、少子化対策において「フランスに学べ」という声が(左派からも)聞こえますが、そうであるなら、まずは性的表現に対する寛容から始めるべきでしょう。

日本のilliberal leftの目標が「日本社会を滅ぼすこと」だとすれば、巧妙な戦略ではありますが。

jbpress.ismedia.jp

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

sankei.jp.msn.com

近代日本が西洋の性道徳や家族制度を、木に竹をつぐように導入した影響は大きい。性の解放は犯罪とされ、性はわいせつなものとして公共の領域から追放されるようになった。念仏踊りや盆踊りという巨大な文化運動を生み出してきたほどのエネルギーを封印した結果、人は性的にも発想や活動の面でも萎縮してしまい、文化や社会は力を喪ったといわざるをえない。

*1:性的成熟を強調した女を描く→国内の過激派がバッシング→成熟していない女を描く→西洋人から幼児ポルノ認定

*2:[引用者注]「五ミリ」とは胸の開き加減のこと。