読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

ドイツにおける外人犯罪

政治・歴史・社会

大晦日のケルンでの集団性的暴行事件では、北アフリカ系が容疑者として浮上していますが、デュッセルドルフ警察がマグレブ出身者の犯罪率が高いと分析していたことが報じられています。

www.spiegel.de

英語記事はこちら。

www.thelocal.de

Whereas only 0.5 percent of Syrians were suspected of a crime within 12 months of their arrival, 40 percent of those coming from the Maghreb got into trouble with police.

Only asylum seekers from the Balkan region were as likely to have broken the law in equivalent numbers. 

The Düsseldorf statistics also show that north Africans commit a crime on average every 3.5 hours in the city.

マグレブ出身者はバルカン出身者と並んで犯罪傾向が高いということです。

治安悪化への不安から、自警団が組織されるようになっているとのことですが、

The report says that the situation is so bad that many residents of the city have lost confidence in their ability to feel safe in public spaces.

Residents in the city have now taken to forming "citizens' patrol" groups to "protect our women", which police are concerned that far-right groups could use to try and enact racist, vigilante justice. 

これは、敗戦後の日本で第三国人が暴れた際に、ヤクザが「活躍」したことを想起させます(あるいは突撃隊SA?)。

www.news-postseven.com

ドイツの為政者にとっては、国民の安全・安心よりも「多文化共生」の方が重要であることがよく分かります。*1

totb.hatenablog.com

*1:犯罪も一種の「文化」です。