読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

日本銀行もマイナス金利導入

金融

日本銀行が29日の金融政策決定会合で、日銀当座預金の一部に-0.1%の金利を適用することを決定しました(2月16日からの準備預金積み期間から)。

再送-日銀マイナス金利に市場は大混乱、政策の「わかりやすさ」失う | Reuters

金融機関が日銀にお金を預ける当座預金を3つに分割。これまですでに預けた預金にはプラス0.1%と従来通りの金利を適用。経済成長などマクロ的に増加する分にはゼロ%、そして今後新たに積み増す部分にマイナス0.1%の金利を適用する。*1

日銀追加緩和でマイナス金利導入、株価は乱高下 | Reuters

マイナス金利を導入するのは、短い金利をマイナスにすることで利回り曲線の全体を押し下げ、あらゆる年限の金利を押し下げて景気を刺激するのが狙い。

f:id:prof_nemuro:20160130124826g:plain

日銀当座預金は主に国債買い入れと引き換えに大量供給されてきましたが、昨年秋以降、7年国債金利も付利0.1%を下回るようになり、昨年末以降は1~3年国債金利はマイナスが定着しています。

マイナス金利

マイナス金利

価格によって購入量が変わるわけではない日銀の定期的な買い切りオペは、マイナス金利国債を購入しても、さらにマイナスの金利(債券価格は上昇)で国債を売れば収益が得られる環境を補助してきたともいえる。言い換えると、マイナス金利がますますマイナス金利を呼ぶということだ。

乖離が大きくなった国債と日銀当座預金の金利水準の調整、あるいは「国債金利を全体的にさらに低下させるとの宣言」と捉えれば、今回のマイナス金利導入はそれほど衝撃的とは言えないでしょう。

f:id:prof_nemuro:20160130152920g:plain

f:id:prof_nemuro:20160130231438g:plain

f:id:prof_nemuro:20160129223849g:plain

f:id:prof_nemuro:20160130111224g:plain

日銀がマイナス金利に打って出たことは、量的・質的金融緩和が期待していたほどの成果を上げなかったことの反映と言えます。

QQEは国債金利を低下させましたが、これまでの景気動向と照らし合わせると、それが実体経済の投資や消費を喚起する効果は、あったとしても微弱なものと考えるのが妥当でしょう。

f:id:prof_nemuro:20160129223846g:plain

マイナス金利は、既に利鞘が大幅に縮小している銀行にとっても嬉しくない事態です。

f:id:prof_nemuro:20151102225821g:plain

www.bloomberg.co.jp

当座預金マイナス金利は銀行業界に痛手になるとみられている。

アングル:マイナス金利導入に地銀からは悲鳴、収益圧迫は不可避 | Reuters

関東のある地銀役員は「国債利回りはさらに引き下げ圧力がかかり、運用ができない。利ざやの縮小も進むだろう」と嘆く。

日銀のQQEに期待していた人は、日本経済の拡大停止を「金融が引き締められた状態にあるから(→思い切った金融緩和をすれば再び拡大基調に戻る)」と考えていたのでしょうが、そうではなく、「日本経済は“燃え尽き”つつあるから」が現実味を帯びてきているようです。日本経済は「使用済み核燃料」と化しつつあるように思えます。

totb.hatenablog.com

リフレは正しい アベノミクスで復活する日本経済

リフレは正しい アベノミクスで復活する日本経済

参考

f:id:prof_nemuro:20160130011744g:plain

f:id:prof_nemuro:20160130200544g:plain

*1:強調は引用者。