読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

既婚男女の年収差に関する二つの解釈

少子化・ジェンダー

「男女に生物学的な差は存在しない」ことをテーゼとする舞田敏彦が、既婚男女の年収差を次のように説明しています。 *1

しかし、これよりも自然な解釈は、「結婚した女は夫を大黒柱にして自分は補助に回りたがる」というものです。妻が夫より稼ぎたがらない傾向は、日本に限らずアメリカやスウェーデンでも見られます。おそらくは人間の本性ということです。 

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

男女に仕事(稼得)に対する意識の違いが存在することは、この調査からも窺えます。

www.sankei.com

女性新入社員の73%が「管理職になりたくない」と回答したことが25日、分かった。

逆に男性では、管理職になりたいと回答したのが、昨年とほぼ同じの62%に達した。

リベラルな人たちは、このような男女差は「社会的につくられたもの」なので矯正しなければならない、と考えているようですが、そうではなく先天的なものであるなら、多くの女にとっては生きにくい社会をつくっていることになります。

そのような社会に居心地の良さを感じるのは、例外的に男的な「強い」女(例:西太后、角田美代子)ですが、果たして平均的な日本の女は、一部の強い女に合わせた社会を望むのでしょう。*2

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる

フェミニズムの基本的目標のひとつは、公平さである。つまり、男性でも女性でも同じ適性とモチベーションがあれば、与えられる成功のチャンスは平等であるべきだということだ。このことについてはまったく疑う余地はない。だがそれは、現実に男性と女性とが平均して同じモチベーションをもっているということにはならない。したがって、社会のあらゆる分野で男女が等しく活躍するというのは、必ずしも期待すべきではないのである。*3

logmi.jp

ネオリベラリズム的な女性活用、経済的に、日本企業の株価を上げるために有効だから女性活用だという。個人的にはそこに違和感を覚えるんですね。*4

totb.hatenablog.com 

totb.hatenablog.com 

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:グラフからは①低収入の男は結婚できない、②結婚すると女は稼得に不熱心になる(→男女の年収差縮小には結婚させないことが効果的)と読み取れます。

*2:運動能力に優れた一部の女は、男と同じ土俵でプレーすることを望むかもしれませんが、その他大勢の女にとっては男に混じってのプレーは厳しいでしょう。リベラルたちは、その他大勢の女を強制的に男と同じ土俵に上げようとしているわけです。

*3:強調は引用者。

*4:[引用者注]北条かやの発言