Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

超過準備への付利:スティグリッツの誤解とキーン/バーナンキの反論

スティグリッツ中央銀行の当座預金(の一部)への付利に関して、「銀行はFedから供給されたマネーを貸し出さずに準備預金口座に積み上げている」「Fedから銀行に支払われる“隠れ補助金”が銀行の貸出インセンティブを削いでいる」と、よくある誤解に基づいた(残念な)主張をしています。

www.project-syndicate.org

Financial institutions chose to keep their money with the Fed instead of lending to the real economy, earning nearly $30 billion – completely risk-free – during the last five years.

This amounts to a generous – and largely hidden – subsidy from the Fed to the financial sector. And, as a consequence of the Fed’s interest-rate hike last month, the subsidy will increase by $13 billion this year. 

これに対して、以前にクルーグマン信用創造に関する議論を繰り広げたキーンが反論しています。

www.forbes.com

As I’m about to explain, banks didn’t “choose to keep their money with the Fed instead of lending to the real economy”. They have no choice but to “keep their money with the Fed” and…

THEY. CANNOT. LEND. RESERVES. TO. THE. REAL. ECONOMY. 

さらに、FRBバーナンキ前議長と コーン元副議長も、付利の正当性の説明とスティグリッツへの反論をしています。 

www.brookings.edu

準備預金の量は銀行ではなくFedが決めている。

Importantly, the amount of Fed deposits held by the banking system as a whole is determined by Federal Reserve open market operations, not by the banks themselves.

付利と銀行貸出はほとんど無関係。

If the Fed had not paid interest, the return to reserves would have been zero. Accordingly, the only potential loans that would have been affected by the Fed’s payment of interest are those with risk-adjusted short-term returns between precisely zero and one-quarter percent—surely a tiny fraction of the total.

バーナンキにすれば、超過準備を増やした「真犯人」は自分たちFedなのに、銀行が冤罪の被害者になっているので、黙っているわけにはいかないのでしょう。

キーンやバーナンキ、コーンの説明の詳細は、他の記事での説明と重複するので省きますが、スティグリッツでさえ初歩的な誤りを犯していることは、銀行への筋違いの批判がまだまだ続きそうなことを予感させます。

f:id:prof_nemuro:20160217195504g:plain

f:id:prof_nemuro:20160218070619g:plain

f:id:prof_nemuro:20160218070620g:plain

www.sankei.com

三菱UFJリサーチ&3コンサルティングの片岡剛士氏は「金融機関全体の悪影響は当初、100億円レベルにとどまる」と指摘。「ほとんどの当座預金に0・1%の金利をつけてもらっているのに、個人向け普通預金に0・001~0・02%の金利しかつけないのは銀行の努力不足」と訴える。嘉悦大の高橋洋一教授も「マイナス金利は『本業の貸し出しをしっかりやれ』という金融機関へのメッセージ」と強調する。

わずか0.009~0.08%ポイントの利鞘を「努力不足」とは無茶な注文です。リフレ派も「身を削る」改革(の他者への強要)が大好きなようです。また、キーン/バーナンキ/コーンが説明するように、日銀当座預金は銀行間で貸し借りするものであり、企業等への貸出とは直接的な関係はありません。

www.news-postseven.com

高橋:マイナス金利導入は、日銀が銀行に、お前たちもっと仕事しろということ。日銀が買いオペで国債を取り上げたら銀行は当座預金に回したので、今度は当座預金から利息を取り上げて、逆に手数料を払わせてカネを外に出させることにした。

これはスティグリッツと全く同じ誤解です。「予想インフレ率を高めるために超過準備を増やせ」と主張していたリフレ派が、一転して「超過準備を減らせと」言い始めたことは、量的・質的金融緩和の根拠とされた「リフレ理論」が根本的に誤っていたことを意味しているのでしょう。

f:id:prof_nemuro:20151102225821g:plain

危機と決断 (上) 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録

危機と決断 (上) 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録

危機と決断 (下) 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録

危機と決断 (下) 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録

参考

クルーグマンとキーンの銀行の信用創造に関する議論の推移。クルーグマンは論点をずらして「勝利宣言」して議論を終わらせました(逃走?)。

www.cnbc.com

This brought forth Scott Fullwiler, an MMT economics professor. Fullwiler says that Krugman’s posts on banking amount to a flashing sign announcing “I DON’T KNOW WHAT I’M TALKING ABOUT.” 

The Keen/Krugman Debate: A Summary | Unlearning Economics

その後の議論も同じような展開を辿りました。クルーグマンの自論正当化テクニックに関しては、下の記事の「おまけ」を参考に。

totb.hatenablog.com

こちらの記事も非常に参考になるので一読をお勧めします。 

Swimming Against the Tide of History: Krugman-Galbraith ’96 | Fixing the Economists

First of all, in retrospect, it looks to me like Krugman is on the wrong side of pretty much every issue.

Krugman really was swimming one way while the tide of history was washing the other. And the confidence with which he asserts himself, the sureness that he is right and that all his opponents are just making “simple arithmetic mistakes” (seriously, read the exchange) is nothing short of embarrassing in retrospect.

マイナス金利に関する主な記事

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com