Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

クルーグマンの信用創造モデル

国際金融経済分析会合のためにスティグリッツは48ページ、ジョルゲンソンは2ページ+11ページの配布資料を用意してきたのに対して、クルーグマンは「配布資料なし」ということで、がっかりした人も多いのではないかと思われます。

世界経済は弱さ蔓延、収支気にせず財政出動を=クルーグマン教授 | ロイター

BRIEF-内閣府幹部:クルーグマン教授「長期的に日本の財政心配、2─3年は収支気にせず出動すべき」 | ロイター

クルーグマン教授「日銀はマイナス金利さらに進めても問題あり効果は限定的」と発言

www.bloomberg.co.jp

「日本には金融政策に逆行するのではなく補強する財政政策が必要だ」と述べ、日本銀行が先月導入したマイナス金利政策については「良い考え」だが「効果は限定的だ」との考えを示した。

最近では金融政策よりも財政政策に力点を置くようになってきたようですが、クルーグマンのウリであった財政政策に頼らないリフレ政策「インフレターゲット+超過準備の積み上げ」が想定していた信用創造の仕組みについて再確認してみます。

2012年3月には、「銀行は受け入れた預金を貸し出す」「貸出は無から生まれない」「銀行のバランスシートの大きさは中央銀行が供給するマネタリーベースに制約される」と説明していました。

http://krugman.blogs.nytimes.com/2012/03/30/banking-mysticism-continued/ 

First of all, any individual bank does, in fact, have to lend out the money it receives in deposits. Bank loan officers can’t just issue checks out of thin air; like employees of any financial intermediary, they must buy assets with funds they have on hand.*1

… a key limiting factor in the size of bank balance sheets is the amount of monetary base the Fed creates — even if banks hold no reserves.

ここから、マネタリーベースの量が決定的に重要とするリフレ政策が導かれます。

しかし、イングランド銀行が2014年3月の四季報に掲載した"Money creation in the modern economy"では、クルーグマンとは異なる説明がされています。

Money creation in the modern economy

When a bank makes a loan, for example to someone taking out a mortgage to buy a house, it does not typically do so by giving them thousands of pounds worth of banknotes. Instead, it credits their bank account with a bank deposit of the size of the mortgage. At that moment, new money is created. For this reason, some economists have referred to bank deposits as ‘fountain pen money’, created at the stroke of bankers’ pens when they approve loans.

The supply of both reserves and currency (which together make up base money) is determined by banks’ demand for reserves both for the settlement of payments and to meet demand for currency from their customers — demand that the central bank typically accommodates. This demand for base money is therefore more likely to be a consequence rather than a cause of banks making loans and creating broad money.

イングランド銀行のペーパーとの違いを指摘されて、クルーグマンは「自分もイングランド銀行トービンに準拠しているので同じ」「簡略化しているため誤読されている」と強弁しました。*2

http://krugman.blogs.nytimes.com/2014/04/28/a-monetary-puzzle/ 

OK, color me puzzled. I’ve seen a number of people touting this Bank of England paper (pdf) on how banks create money as offering some kind of radical new way of looking at the economy. And it is a good piece. But it doesn’t seem, in any important way, to be at odds with what Tobin wrote 50 years ago (pdf) — indeed, the BoE paper cites Tobin extensively. And I have always thought of money in Tobinesque terms, even if I sometimes use shorthand descriptions that can be misread if you take them out of context; the same is true of many economists.

確かに、「銀行がマネーを創造する」という説明は共通しますが、信用創造の仕組み(中央銀行とマネタリーベースの役割)は根本的に異なります。そのことは、2012年の段階で金融論の専門家によって指摘されています。

neweconomicperspectives.org

クルーグマンがなし崩し的に財政政策重視に方向転換したのも当然でしょう。

*1:下線は引用者、以下同。

*2:この言い訳を鵜呑みにするnaïveな人がいることには驚かされます。「教祖が間違えるはずがない」ということでしょう。