Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

現在とリーマンショック前との違い

安倍総理大臣が、現在の世界経済がリーマンショックの前と似た状況にあるとの認識を示したそうです。*1

jp.reuters.com

安倍晋三首相は26日、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の世界経済を討議するセッションで、コモディティ価格が「2014年以降55%下落しており、リーマン・ショック前後と同様」とするデータを各国に提示した。

f:id:prof_nemuro:20160528094128g:plain

www.bloomberg.co.jp

第一生命経済研究所の熊野英生エコノミストは26日付のリポートで‥‥「多くの人が世界経済の先行きに対する不安を抱いていることは間違いないが、リーマン・ショック後の様子と同一視することが的確だとは思えない」との見方を示した。

リーマンショックはアメリカの金融部門と家計部門の負債の膨張が原因でした。

f:id:prof_nemuro:20160527004309g:plain

しかし、両部門の負債の対GDP比は、リーマンショック前の水準には戻っていません。「リーマンショック前と似た状況にある」というのは強引過ぎるでしょう。

先進国経済の行き詰まりの根本原因は、各国政府がリベラル&ネオリベラル路線を採用し、「自国の労働者階級を豊かにする」ことを放棄したことにあります。

最後の転落 〔ソ連崩壊のシナリオ〕

最後の転落 〔ソ連崩壊のシナリオ〕

ケインズ理論の主たる帰結は、もちろん景気後退期における国家による投資であるが、それより目に付きにくいが構造に関わるものだけにより重要な帰結は、自国の労働者階級を豊かにすることが得策であるという考えを西側ブルジョワジーが受け入れた、ということである。経済発展期における労働者の賃金の持続的上昇は、消費の規則正しい上昇をもたらし、それが生産の総体を吸収する。

余震(アフターショック) そして中間層がいなくなる

余震(アフターショック) そして中間層がいなくなる

大量生産には必然的に大量消費が伴わなくてはならないように、大量生産には、人々が生産財やサービスにふさわしい購買力を持つことができるような、しかるべき富(既存の富ではなく、今現在生成されつつある富)の分配が期待されているのである。

エクルズにすれば、不平等の拡大こそが問題の主因であった。

現段階ではリベラル&ネオリベラル路線からの転換が見込めない以上、協調財政出動があったとしても、弥縫策に終わるでしょう。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:日本経済の成長率が低迷している原因は世界経済にあって、アベノミクスが失敗しているわけではない、と言いたいのでしょう。