読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[雑感]経済学者の成功が失敗のもと

リフレ派の反省の弁です。

ポーゼンは昨年にも、政府が介入して5-10%の賃上げを実現させることを提唱していましたが、賃金が上がらなくなった主因は、多くの経済学者が支持した「構造改革」が成功したためです。

diamond.jp

その時々の政権が96年以降に繰り出してきた日本経済の構造改革政策が、日本経済の秩序をいわば「賃金の上がらない」構造へ改革し、体質化させてすでに久しく、その構造と体質が今や骨肉化して、今日に及んでいる事実と現実こそが日本経済の長期低迷の主因である、と確信している。

f:id:prof_nemuro:20160609232928g:plain

f:id:prof_nemuro:20160609220021g:plain

f:id:prof_nemuro:20160608012308g:plain

制度が変更された根底には、国民経済に関する思想(idea)の根本的な転換があります。政治家や企業経営者から「国民や従業員の生活に対する責任感」が消え失せ、「失業や困窮は自己責任」という異様な観念が広がっています。

最近、田中角栄が再評価されているようですが、国民が「一定のレベルの生活を得られるようにする」 ことへの責任感が今の政治家よりも強かったことは確かでしょう。*1

「身を削る*2」や「自己責任」を叫ぶ政治家を支持する国民の自己責任なのかもしれませんが。

www.sankei.com

日本国民である以上、どんな職業に就いていようが、どんな地域に住んでいようが、一定のレベルの生活を得られるようにする。それが政治なんだ。そういうことが田中先生の若き血の叫びの内容だ。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

天才

天才

日本列島改造論 (1972年)

日本列島改造論 (1972年)

日本改造計画

日本改造計画

賃上げはなぜ必要か: 日本経済の誤謬 (筑摩選書)

賃上げはなぜ必要か: 日本経済の誤謬 (筑摩選書)

*1:本題から外れますが、新潟を北陸地方に含めても「ミス」ではないでしょう。

*2:≒国民に流れる所得を削る