Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

製造業の衰退:イギリスと日本

一つ前の記事で、イギリス経済のバランスの取れた成長には衰退した製造業の復活が効果的という장하준の論考を紹介しました。

www.theguardian.com 

…, given that the value of sterling has fallen by around 30% since the crisis. In any other country a currency devaluation of this magnitude would have generated an export boom in manufactured goods, leading to an expansion of the sector.

Unfortunately manufacturing had been so weakened since the 1980s that it didn’t have a hope of staging any such revival.

f:id:prof_nemuro:20160625082507g:plain

イギリスほどではないものの、日本も同じ方向に向かっています。

f:id:prof_nemuro:20160625083909g:plain

アベノミクスの(おそらく最大の)誤算は、大幅な円安にもかかわらず、輸出数量がまったく増えなかったことです。

f:id:prof_nemuro:20160625091837g:plain

グローバル化した企業の海外シフトは一段と進んでいます。

f:id:prof_nemuro:20160625083913g:plain

企業がグローバル化すると、日本国内にカネを落とすことよりも、海外に持ち出すカネを増やすために国内の支出を抑制する傾向が強まります。この企業体質の変化が日本経済の停滞の根本原因なので、アベノミクスが企業のグローバル化を促進する限り、日本経済再興は遠いでしょう。

過去記事から再掲します。

マクロ政策ではエンジンをふかしているように見えるものの、ミクロ政策ではフルパワーで逆噴射をしているのがアベノミクスの実態です。

製造業復活のための大規模公共支出計画を期待したいものですが、全く期待できないのが残念です。*1

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

おまけ 

話は変わりますが、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のポートフォリオは大丈夫でしょうか。2015年末の資産構成は国内株式23.35%、外国株式22.82%、外国債券13.50%でしたが。

*1:日本の製造業の盛衰を太平洋戦争にたとえると、①絶好調だった1980年代~開戦から半年間、②クリントン政権の円高誘導~ミッドウェイ海戦、③インターネット・ICT革命~電子兵器の投入、④中国の「世界の工場」化~B-29など物量作戦、になるでしょうか。直近ではシャープが「玉砕」しました。