読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[雑感]四人組を逮捕してください

1990年代後半から「既得権益の闇に切り込む改革派」をメディアが好意的に取り上げる政治の劇場化が進みましたが、むしろその頃から名目GDPの成長が止まった現実を見ると、「改革」とは何なのかという疑念が湧いてきます。*1

f:id:prof_nemuro:20161024220929g:plain

メディアと世論を煽動して「敵」を攻撃する手法は文化大革命を想起させますが、文革が「混乱と経済の深刻な停滞をもたらした」ことは、程度の差はあるにせよ日本にも共通するようです。

文化大革命 - Wikipedia

民衆を扇動して政敵を攻撃させ失脚に追い込むための……権力闘争であった。

これにより……国内の大混乱と経済の深刻な停滞をもたらした。

メディアが好意的に取り上げる「改革派」には次のような特徴が共通するようにも思えます。「口が達者で表面は魅力的」はテレビ向きの資質です。*2

精神病質 - Wikipedia

  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的 

中国の文革は10年で終わりましたが、日本の「改革」は20年が経過してもなお終わる気配が見えません。いい加減に四人組を逮捕して停滞を終わらせて欲しいものです。*3

www.asahi.com

www.sankei.com

そう言えば、改革派の参謀として各地に出没する人がいますが、各地に出没した参謀と言えばこの人が思い出されます。

戦争する脳―破局への病理 (平凡社新書)

戦争する脳―破局への病理 (平凡社新書)

ノモンハンガダルカナルインパール……この三つの戦役全てに責任を負うべき、大本営陸軍部参謀殿がいる。

「では、あの参謀殿も?」と私が尋ねたら、「あれは違う、本物のマニー*4だったよ」という答えだった。戦史の中の参謀殿の事態に照らすと首肯できる。「あ、なるほど!」である。

潜行三千里 新書版

潜行三千里 新書版

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

参考

「改革」の成果を二つ挙げてみます。

無駄な公共事業の削減

f:id:prof_nemuro:20161022222807g:plain

雇用の柔軟化

f:id:prof_nemuro:20161022222809g:plain

国民の生活はよくなったでしょうか。

*1:アベノミクス期のGDP増加も、現時点ではリーマンショック前の水準への(自然?)回復にとどまっています。

*2:自身の清貧や金銭的無欲をアピールするのも改革派の多くに共通します。議員等の報酬を減らすことは一種のダンピングで、富裕層による政界寡占につながりますが、それを支持する庶民が多いのが残念なことです。

*3:日本は文化大革命大躍進政策が20年間同時進行しているようなものです。日本版大躍進政策については、後日の記事(仮題「日本経済に止めを刺すアベノミクス第三の矢」)で取り上げる予定です。

*4:[引用者注](独)Manie