読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[グラフ]単位労働コストと資金循環

日本経済の名目ベースでの停滞は他国に比べると歴然としています。

f:id:prof_nemuro:20161023161401g:plain

そこで、日本経済の拡大停止と関係がありそうなデータをグラフで確認します。

単位労働コストは1998年を境に大幅に低下しています。

f:id:prof_nemuro:20161023184225g:plain

上昇トレンドにある他の国々と比べると、日本の特異性は明らかです。

f:id:prof_nemuro:20161023155742g:plain

1998年→2014年の年平均変化率を示します。

f:id:prof_nemuro:20161025223006g:plain

f:id:prof_nemuro:20161025200319g:plain

f:id:prof_nemuro:20161025200317g:plain

企業が生産性上昇を賃金に反映させなくなった結果です。これがデフレの主因であってその逆ではないことが重要です。*1

未だに「賃上げすると日本は滅ぶ」と叫ぶ人もいるようですが、IMFまで行き過ぎた賃金抑圧を懸念する異常事態です。

www.bloomberg.co.jp

潤沢な資金を持つ強者対安い賃金で働かされる弱者ー。国際通貨基金IMF)は日本の企業と被雇用者の関係をこのようにみる。労働市場のこの問題に対策を講じなければ日本全体が敗者になると、対日審査責任者のリュック・エフェラールト氏が指摘した。

www.bloomberg.com

この時期に企業部門に生じていたのは、資金不足から資金余剰への構造変化です。その余波で財政赤字は大幅に拡大し、家計部門の黒字は2015年度には対GDP比0.2%まで縮小しています。

f:id:prof_nemuro:20161023213433g:plain

f:id:prof_nemuro:20161023213435g:plain

f:id:prof_nemuro:20161023213436g:plain

f:id:prof_nemuro:20161023155737g:plain

企業の行動原理が大転換したことが日本経済停滞の根本原因です。経済停滞の原因を消費税増税などの緊縮財政に求める人もいますが、それは「従」であって「主」はあくまでも企業部門にあります。そのため、財政拡大は停滞に対する対症療法にはなっても原因療法にはなりません。

続きは後日の記事で。

ROEが奪う競争力 ―「ファイナンス理論」の誤解が経営を壊す

ROEが奪う競争力 ―「ファイナンス理論」の誤解が経営を壊す

デフレの真犯人 ―脱ROE〔株主資本利益率〕革命で甦る日本

デフレの真犯人 ―脱ROE〔株主資本利益率〕革命で甦る日本

f:id:prof_nemuro:20161023235239g:plain

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:日本銀行には対処できない問題ということ。事実、「岩田理論」を実践しても、リフレ派が期待していたような結果は出ていません。