読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[グラフ]未婚率~2015年国勢調査より

総務省から「平成27年国勢調査」の人口等基本集計結果が公表されたので、日本人の未婚率をグラフにしてみます。

2010年と比べると、女は30代後半以降、男は40代以降で未婚率が上昇しています。

f:id:prof_nemuro:20161027223808g:plain

f:id:prof_nemuro:20161027223810g:plain

これでは世代による変化が分かりにくいので、「2015年の45歳は1970年生まれ」と単純化して、出生年毎の各年齢における既婚率をグラフ化します。

f:id:prof_nemuro:20161027223811g:plain

f:id:prof_nemuro:20161027223812g:plain

1975年生まれの35歳→40歳における結婚が多かったことが分かりますが、40歳時点における未婚率が下げ止まっただけで、下の記事のように「劇的に改善」とは言えません。

blogos.com

男の約3割は生涯未婚になりそうですが、この主因は女の経済力向上により、要求水準が上昇したことです。

f:id:prof_nemuro:20161028065329g:plain

ケミストリーオブラブ―恋愛と脳のメカニズム

ケミストリーオブラブ―恋愛と脳のメカニズム

女性に与えられる地位と尊重がしだいに増し、人々の大きな部分が経済的窮乏から比較的解放され自力で生計を支える力が増大したため、人々が恋愛による感情的満足を追求することが比較的自由になったのである。

男に求められる経済力や「恋愛による感情的満足」の尺度におけるハードル(グラフの紫線)が引き上げられた結果、足切りされる男が増え、同時に「剰女」も増えたというわけです。

jp.reuters.com

中国では、20代後半までに結婚せず「売れ残った」キャリアウーマンは「剰女」と呼ばれる。

高学歴で高収入を得て都会で働く女性にとって、ふさわしい夫を見つけることは至難の業だという。

「両親は独身男性がいたら、1人残らず私に紹介してきた。その半分は物静かで出不精なタイプだった。社交的な男性ならお見合いは必要ないものね」と、平均より2倍の収入を稼ぐXuさんは話す。

自力で相手を見付けられない男女をマッチングさせるお見合い制度が崩壊したことも、男女の「売れ残り」が増えた一因です。

f:id:prof_nemuro:20161030215532g:plain

リベラル社会は持続不能なのでしょう。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com