Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[グラフ]米大統領選挙の州別得票数

アメリカ大統領選挙ヒラリー・クリントン敗北を認めたくない人たちが「獲得選挙人数では負けたが、得票数では70万票以上勝っている」と叫んでいます。

これにトランプが反論しています。

そこで、両候補の得票数を州別にグラフにしてみます。*1

f:id:prof_nemuro:20161116015046g:plain

f:id:prof_nemuro:20161116015048g:plain

得票数の差です。

f:id:prof_nemuro:20161116015049g:plain

f:id:prof_nemuro:20161116015051g:plain

勝者総取り方式では、勝ち目のない州は捨てて接戦州にリソースを集中投入することが合理的なので、トランプ陣営は大票田だが勝ち目のないカリフォルニアとニューヨークは捨てていたわけです。これが全米の総得票数で勝敗を決める方式なら両州の差を縮める戦術を取っていたはずなので、「総得票数ではヒラリー勝利→だからトランプ新大統領には正統性がない」という批判は無理筋でしょう。*2

www.asahi.com

totb.hatenablog.com

*1:データはNYTの集計より。

*2:選挙人数が55のカリフォルニアと29のニューヨークを確実に取れる点では、現行方式はヒラリー有利と言えます。