Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

民間給与実態統計調査~低賃金労働者を増やす「改革」が大成功

国税庁民間給与実態統計調査」から、1年勤続者と1年未満勤続者の合計の推移をグラフで確認します。

給与所得者数は増え続けていますが、給与総額は1997年のピークを下回ったままです。

f:id:prof_nemuro:20161212230649g:plain

1997年以降の給与所得者数の増加の大部分を女が占めます。女の「社会進出」が着実に進行しています。

f:id:prof_nemuro:20161212231515g:plain

f:id:prof_nemuro:20161212231520g:plain

平均給与も、男はピークから11%減ですが、女は3%減にとどまっています。

f:id:prof_nemuro:20161212231514g:plain

f:id:prof_nemuro:20161212231517g:plain

平均給与のピークの1997年と2015年の給与階級別給与所得者数を比較します。

f:id:prof_nemuro:20161212231521g:plain

増減を男女別に示します。

f:id:prof_nemuro:20161212202528g:plain

  • 男の中~上(2000万円以上を除く)が下にシフト(転落?)
  • 女の200万円以下が大幅増加

男女共に低賃金労働者が大幅に増えています。日本政府と一部の日本企業による「大惨事(バブル崩壊金融危機)につけこんだ過激な市場原理主義改革」は、国民の熱狂的支持を背景に大成功したようです。*1

ショック・ドクトリンとは、「惨事便乗型資本主義=大惨事につけこんで実施される過激な市場原理主義改革」のこと。アメリカ政府とグローバル企業は、戦争、津波やハリケーンなどの自然災害、政変などの危機につけこんで、あるいはそれを意識的に招いて、人びとがショックと茫然自失から覚める前に過激な経済改革を強行する……。

ネオリベラリズムと結託したフェミニズムの大勝利でもあります。フェミニズムとは、夫婦が二人ともフルタイム就業しなければ生活できない水準まで賃下げすることで「男女平等/男女共同参画」の実現を目指す、ネオリベラリズムと親和的な思想です。

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

男女共同参画社会は、新自由主義的なベクトルとフェミニズムとの妥協の産物だ」というのは、100パーセント正しいと思います。*2

(言い逃れ↓)

president.jp

「今、新卒女子の約半数が非正規労働市場に入るんですよ。これでは先が見えず、子どもなんて産めません。一方、正社員として就職できた女性はハッピーかといえばそうでもない。男並みに働いて疲弊するか、2級労働者として扱われるか。我々世代は、女がこんなに生きづらい社会しかつくれなかったのかと思うと、忸怩たる思いです」

「女性が輝く」日本は、ナチス前夜のドイツとそっくりです。

ヒットラーの社会革命―1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイ

ヒットラーの社会革命―1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイ

「過去の婦人運動は36人の婦人国会議員と数十万のドイツ女性を大都市の路上に狩り出した」と、ある女性の党支持者は書いた。「それは1人の女性を高級官僚にし、数十万の女性を資本主義的経済秩序の賃金奴隷たらしめた。働く権利を奪われている男はいまや約600万もいる。女だけが、安価でいつでも利用できる搾取の対象として、いまなお仕事を見つけることができるのである」。

補足

ネオリベラリズムフェミニズムの低賃金促進策は、少子化を促進する亡国の政策でもあります。そのメカニズムは、

  1. 女は結婚相手の経済力を重視するので、未婚の男の低賃金化は男の未婚率を高める。
  2. 結婚できない男の増加は結婚相手を見つけられない女の増加でもあるため、女の未婚率も高まる。
  3. 未婚率の上昇は出生率の低下と出生数の減少につながる。
  4. 独身貧困男女が量産される。

です。これが「構造改革」の必然的帰結です。

上野千鶴子の「劣等な男は子孫を残さずに死ね」という主張は、ナチスT4作戦を想起させます。

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

ギャルゲーでヌキながら、性犯罪を犯さずに、平和に滅びていってくれればいい。……彼らが間違って子どもをつくったらたいへんです。

f:id:prof_nemuro:20161103084309g:plain

f:id:prof_nemuro:20161213002449g:plain

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

f:id:prof_nemuro:20161213082622g:plain

*1:歳出削減や民営化が「改革」と称賛される傾向は未だに続いています。

*2:[引用者注]上野千鶴子の発言。