読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

出生数が100万人を割る~その根底にある「思想」とは

少子化・ジェンダー

厚生労働省が、今年の出生数が100万人を割り込むとの推計を発表しました。

www.sankei.com

f:id:prof_nemuro:20161222222141g:plain

出生率(=出生/人口)も最低水準です。

f:id:prof_nemuro:20161222222243g:plain

コーホート出生率が反転上昇する兆しは見えません。

f:id:prof_nemuro:20161210184622g:plain

少子化については過去記事で分析しているので、興味がある人は

totb.hatenablog.com

などを参照してください。少子化の主因は非婚化なので、このような(↓)反応は的外れです。

www.sankei.com

f:id:prof_nemuro:20161213002449g:plain

以下、過去記事の要約です。

非婚化は

  • 男の経済力の低下
  • 女の賃金労働者化

の結果ですが、その根底には、このような(↓)フェミニズム/(ネオ)リベラリズムの浸透があります。

president.jp

正規雇用者の給料を下げて、夫に600万円払っているのなら、夫に300万円、妻に300万円払うようにすれば、納税者も増えます。

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

男女共同参画社会は、新自由主義的なベクトルとフェミニズムとの妥協の産物だ」というのは、100パーセント正しいと思います。*1

ボーヴォワールは語る―『第二の性』その後 (平凡社ライブラリー)

ボーヴォワールは語る―『第二の性』その後 (平凡社ライブラリー)

私は幸運でした。私は出産や家事の義務など女性を隷属させるいろんなものをまぬがれていましたから。

子どもから解放されないと女性は解放されない

個人的な面では、一番大事なことは働くことです。そしてできれば結婚を拒否すること。

家族は廃止されるべきです。

Dani Rodrikの「グローバリゼーション・パラドクス」を真似てみると、人間社会は

  1. 男女同等
  2. 女の上方婚志向(最低でも自分と同等/未満はお断り)
  3. 社会の持続

の三つのうち二つしか同時に満たすことができません(トリレンマ)。

2はこういうことです。*2

toyokeizai.net

エリート女の泣きどころは、エリート男しか愛せないってこと(笑)。男性評論家はよく、エリート女は家事労働してくれるハウスハスバンドを選べなんて簡単に言うけど、現実的じゃない。

www.sankei.com

優秀な女性が自分以上の男性を探すため、ミスマッチが起こり、晩婚化がますます進んだようです。この女性の経済的自立も離婚率をあげた原因だろうとのことでした。「女性の地位向上、男女平等が進むと少子化が進むのです」とおっしゃったのが印象的でした。

totb.hatenablog.com

男は「結婚相手は自分未満でもOK」なので、自分のレベルアップは結婚相手の選択範囲を広げます。しかし、女は「自分未満はNG」なので、自分のレベルアップは選択範囲を狭めます。

f:id:prof_nemuro:20161124000831g:plain

人間の本性(nature)である2を変えられない以上、1を選べば3を犠牲にせざるを得ません。

totb.hatenablog.com

反例として英仏や北欧を挙げる人(主にリベラル)がいますが、これらの国々の相対的高出生率には大量の移民という「ドーピング」が直接・間接的に寄与しています。

www.sankei.com

オーレ校長(男性)は、「女性の地位向上や男女平等が進むと少子化がさらに進む。デンマークでも、晩婚化や離婚の増加(離婚率は48%)が問題になっている」と指摘されました。

「女性が社会に出て働き、家庭と仕事が両立できれば少子化が止まる」という認識を持っている日本人が多いと思いますが、実態はその逆。デンマーク有識者は「少子化の解決にはつながらない」と明確に語っていらっしゃいました。

「女の社会進出支援」が少子化対策ではなく少子化促進策であることは、フィリピン、インドネシアベトナムなどの途上国から大量のメイドを輸入している台湾、香港、シンガポールの合計出生率が日本より低いことが示しています。

日本や諸外国の経験が示しているのは、女の「社会進出」は少子化(→国力衰退)and/or途上国からの労働力受け入れ(→多民族社会化)を引き起こすということです。多民族社会化の弊害は、最近のヨーロッパの惨状を見れば明らかでしょう。

インテリが考えた「正しい社会」の結末です。

  • 共産主義:私利私欲を否定→経済成長に行き詰って自滅
  • リベラリズム:男女のhard-wiredされた差異を否定→人口再生産に失敗して自滅

日本に残された時間はそう多くはないでしょう。*3

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

f:id:prof_nemuro:20161222222200g:plain

*1:[引用者注]上野千鶴子の発言。

*2:男は女を養うが、女は男(息子を除く)を養わないということ。男が女を養うのは「自分の子供を産み育ててくれるから」ですが、女にとっては他人の男を養うことは、自分と子供のリソースを減らす損失です。女の上方婚志向は「遺伝子を残す」本能に由来すると考えられます。

*3:既に手遅れのような気がしますが。