読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

「生産性」が日本に迫る韓国経済のリスク

デービッド・アトキンソン

toyokeizai.net

実はこのままにしておきますと、数年後には、日本は生産性で韓国にすら抜かれることが予想されます。

と書いていました。なお、アトキンソンの「生産性」とは購買力平価換算した1人当たりGDPのことです。

これについては2ヶ月前に取り上げていたので、

totb.hatenablog.com

今回は日本に迫る韓国のリスクについて考察します。 

f:id:prof_nemuro:20161226001957g:plain

f:id:prof_nemuro:20161226001956g:plain

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎない

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎない

大半の場合において、経済開発とは工業化を通じて、いやより正確には工業部門の開発を通じて達成される。

製造業では、農業やサービス業のような他の経済活動に比べて生産性の向上は遥かに容易である。

一般的には、経済成長すると経済(付加価値)に占める製造業の割合は低下しますが、韓国はむしろ増大傾向にあります。

f:id:prof_nemuro:20161226002533g:plain

輸出依存度を猛烈に高めたことが背景にあります。

f:id:prof_nemuro:20161226002535g:plain

どちらの指標も、人口や経済規模が似通った国と比べると高水準です。

輸出を国別にみると、1980年代はアメリカ、90年代以降は中国に洪水輸出しています。

f:id:prof_nemuro:20161226011736g:plain

「需要が活発な国に製品を洪水輸出する→生産性上昇率が高い製造業が相対的に拡大する→1人当たりGDP伸び率が高まる」わけですが、これは裏を返すと「内需型産業が弱い/外需の変動に左右される」です。産油国と同じような高リスク/高リターン構造とも言えます。

www.theguardian.com

外人にカネを落としてもらうことを最優先する日本は、韓国を模範としているようです。今日の韓国を見れば明日の日本が分かるということでしょう。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com