Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

上野千鶴子の「平和に衰退」への否認と怒り(と受容)

上野千鶴子の「みんな平等に、緩やかに貧しくなっていけばいい*1」が批判されているようですが、批判者は

泣いてもわめいても子どもは増えません。

 一億人維持とか、国内総生産(GDP)六百兆円とかの妄想は捨てて、現実に向き合う。

という現実に向き合えず、未だ「死の受容のプロセス」の否認怒りの段階にあるようです。*2

死ぬ瞬間 - Wikipedia

国立社会保障・人口問題研究所の人口推計(出生中位・死亡中位)をグラフにすると、日本の人口が塩をかけられたナメクジのように縮んでいくことが分かります。

f:id:prof_nemuro:20170213173108g:plain

f:id:prof_nemuro:20170213173107g:plain

f:id:prof_nemuro:20170213173105g:plain

f:id:prof_nemuro:20170213173104g:plain

20~64歳人口は2015年から2045年の30年間で約30%減少します(年率-1.1%)。生産性と労働参加率を高めてもGDPは微増がやっとで、成長を実感することは困難と言わざるを得ません。「女の社会進出」が少子化要因であることにも留意する必要があります。

なので、上野の

どう犠牲者を出さずに軟着陸するか。・・・・・・国民負担率を増やし、再分配機能を強化する。

は現実的であり批判されるものではありません。「彼ら=政治的、経済的既得権益が無い不安を抱える層」を足蹴にしなければならない邪魔者扱いしていた以前の発言から軌道修正したようです。

バックラッシュ!  なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

何でフェミニズムが、彼らの不安のケアをしなければならないのですか? 女にケアを求めるのは筋ちがいでしょう。そういう人たちがフェミニズムの妨げになるかもしれないので、降りかかる火の粉は振り払い、じゃまなものは足蹴にしなくてはならないから、対策は必要だとは思いますよ。私は社会工学的で管理主義的な発想を持たないので、彼らをケアする、つまり慰撫したり統制したりしようとは思いません。自分のケアは自分でする、これがフェミニズムの自己解放の思想の基本のきです。*3

totb.hatenablog.com

重要なのは「再分配機能を強化する」に続く部分です。

つまり社会民主主義的な方向です。ところが、日本には本当の社会民主政党がない。

ヨーロッパでも「本当の社会民主政党」は絶滅状態です。その原因は、EU統合などのグローバリゼーションによって社会民主政党上層部の左派インテリの視野が広がり、連帯する相手=弱者が自国の労働者から外国人やマイノリティに移ったためです。*4*5

www.socialeurope.eu

The intellectual-cultural Left is the exact opposite: these people are internationalists, free traders, environmentalists and strongly focused on supporting various minority groups’ rights via identity politics. And this group is positively disposed towards immigration and multiculturalism. It is nowadays difficult to imagine a leftist intellectual like Olof Palme inspiring the industrial masses. Instead, it is Trump’s, Marine Le Pen’s and Nigel Farage’s nationalist and xenophobic messages that are gaining a hearing. In December 2015, a Swedish opinion poll showed that the nationalist and xenophobic Sweden Democrats party had greater support among blue-collar union members than any other party, including the Social Democrats.*6

再分配が機能するのは「同質的な人々で構成される閉じた集団*7なので、左派/リベラルの移民・多文化共生推進は必然的に再分配を弱体化させます。これはネオリベラルには好都合であり、ここにリベラルとネオリベラルの結託が生じます*8。ヨーロッパ統合の深化と共に左派政権がネオリベラル化したのはそのためです。*9

リベラルはトランプや「極右」を差別的・排他的と批判しますが、自国の労働者への再分配を機能させるためには、移民の制限が不可欠です。空想主義のリベラルには理解できないこのトレードオフを現実主義の「極右」は理解しています。

トランプ氏はそこで自分の態度が即興的でも一貫性を欠くものでもなく意図的だと示唆していた。同氏は「労働者の政党」すなわち「18年間実質賃金が上がらない人々の政党」を作るつもりだった。

上野は「移民は無理/やめた方がいい」も批判されていますが、「犠牲者を出さずに軟着陸する」ことと大規模移民は両立できません。*10

大規模移民・多文化共生とは、いわば外来種を定着させるようなものなので、在来種(元々の国民)との摩擦・衝突が起こることは必至です。ブラックバスマングースのように、本国では「無害」でも、日本社会では「有害」な存在になりかねないわけです。*11

下のグラフは、2016年に難民認定申請者(ほぼ100%が偽装)が多かった国の殺人率ですが、日本と比べて桁違いに多いことが分かります。逸脱行動も一種の「文化」なので、多文化共生とはこのような外国人を数多く抱え込むことを意味します。上野の「日本人は多文化共生に耐えられないでしょう」は現実的判断でしょう。「既にいる移民を否定している」という批判もあるようですが、移民の量的増加が集団の質的変化を引き起こすことはヨーロッパを見れば明らかです。*12

f:id:prof_nemuro:20170213173103g:plain

スウェーデンでは現職警官が、政府が隠蔽してきた移民犯罪の実態を告発して話題になっています。

www.thelocal.se

"Suspected perpetrators: Ali Mohamad, Mahmod, Mohammed, Mohammed, Ali, again, again, again, Christoffer… what, is it true? Yes, a Swedish name sneaked its way in on the fringes of a drug related crime, Mohammed, Mahmod Ali, again and again," Springare wrote.

"Countries which represent all of the week's crimes: Iraq, Iraq, Turkey, Syria, Afghanistan, Somalia, Somalia, Syria again, Somalia, unknown country, unknown country, Sweden," he added. Springare then promised to make new posts on the subject every week. 

イギリスでもCasey Reviewで、特にパキスタンバングラデシュ出身者の統合が後退しつつあることが指摘されています。急激な移民増加への懸念を「レイシスト」などと攻撃して沈黙させて済む状況ではなくなっているのです。

www.huffingtonpost.co.uk

“It isn’t racist or anti-immigration to say that the pace of change from immigration in recent years has been too much for some communities such as Barking in East London or Boston in Lincolnshire,” Casey wrote in The Sun on Monday.

否認しても怒っても取引しようにもこの現実は変えられないので、早く抑鬱受容へと進むことが有益です。

totb.hatenablog.com

補足

人口減少のために経済成長が困難になるのであれば、それまでに所得水準を可能な限り高めておくべきでしたが、過去20年間に行われたのは、政財官学が一致して企業の論理「株主利益の最大化≒コストの最小化」をマクロ経済運営に適用する構造改革でした。人件費の最小化を目標にしたのだから、国民の所得水準が高まらないのは当然です。取り返しがつかない「失った20年」です(戦犯は誰?)。

f:id:prof_nemuro:20170213232750g:plain

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:中日新聞のインタビュー記事(2月11日付)

*2:「米英討つべし」と煽っていた人物が、昭和18年頃に「泣いてもわめいても勝てない」「日本勝利とかの妄想は捨てて、現実に向き合う」と言い出したようなものなので、「ふざけるな!」と憤る人が多いのは理解できますが、それと「絶対に勝てない」という現実認識は別です。

*3:[引用者注]上野の言動は、フェミニズムが「自分の好き勝手を正当化する/社会がどうなっても関知しない」百害あって一利なしの有毒思想であることを証明しています。

*4:「普遍的な人類愛」に目覚めた親が子供をネグレクトして他人に愛を注ぐようなもの。ネグレクトされることに不満を持つ子供は「人類の敵」と認定されます。

*5:マンデル=フレミングモデルにおいて、固定相場制と変動相場制では金融政策と財政政策の効果が逆転するように、社会民主主義も一国単位とグローバルでは自国の労働者の扱いが逆転します。

*6:強調は引用者。

*7:最小単位が家族。

*8:途上国からの移民によって賃金上昇を抑えられることもネオリベラルに好都合。移民の本質は地球規模でのスト破りです。

*9:野党時代は再分配強化を主張していても、政権を取ると途端にネオリベ化。

*10:生活保護拡充の国民的合意を得るためには、外国人への支給制限が必要であろうことが一例。

*11:飲酒や豚肉食が好きな民族がイスラム圏に集団移住して現地人に多文化共生を強要したらどうなるでしょうか。

*12:0.9%の生理食塩水は美味しく飲めても、3%の海水は飲用に適さず、30%の死海の水はとても飲めないのようなもの。