読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

「低賃金カルテル」と勤勉革命

日本経済

社員の奴隷化とサービス業の低生産性について再度考察します。

blogos.com

スレ主の母は今の世の中で残業が常態化しているのを見て「現役で働いていた頃はこんなことなかった」と言うそうだ。「たまにあるからこそ残業。だからこそ私(投稿者)を育てることができた」と母親の談。この発言を聞きスレ主は、現在は仕事量が増え、社員の奴隷化や人材の使い捨てが横行しているとし、不満と疑問を投げかける。

toyokeizai.net

経済における比重が高くなっているのに生産性が非常に低いサービス業は、1990年以降の日本と海外の生産性のギャップ拡大に、最も大きな影響を与えているのです。

財務省「法人企業統計」から非製造業(金融業、保険業を除く)について検証します。

1人当たり付加価値(≒労働生産性)は1990年代から停滞しています。

f:id:prof_nemuro:20170228220604g:plain

労働生産性を高めるためには、設備投資して資本装備率を高めるのが定石です。

diamond.jp

保健衛生・社会事業とその他サービス、宿泊・飲食サービスの3つの生産性はとくに低く、おそらく1人当たり資本装備率も低いだろう。もともと対人サービスが主で労働集約的な仕事とはいえ、それでもこの分野では、もっと資本を投下して生産性上昇ができるように思える。

しかし、資本装備率は1990年代末から逆に低下しています(土地と建設仮勘定を除く有形固定資産を「資本」とする)。

f:id:prof_nemuro:20170301085501g:plain

注目すべきは、労働生産性の停滞とは対照的に、資本生産性は反転上昇していることです。

企業が労働生産性よりも資本生産性を追求するようになったのは「株式市場を向いた経営」の普及のためと考えられます。銀行離れと株式市場の影響力増大の結果、投資のハードルレートが高止まりし、借入金利の低下が設備投資につながらなくなっています。

f:id:prof_nemuro:20170226152529g:plain

f:id:prof_nemuro:20170302234102g:plain

日本経済にとって望ましいのは「積極的な設備投資→資本装備率⇧→労働生産性⇧」ですが、高い資本効率(≒高ROE)を要求する投資家にとっては「設備投資を控える→資本装備率⇩→資本生産性⇧&労働生産性⇩」が望ましいわけです。

この状況は速水融の「勤勉革命」に通じるところがあります。

勤勉革命 - Wikipedia

農家は肥料の購入・投下という一種の投資を通じて企業経営的側面の強化を求められ、最少費用・最大効率の経済原理に基づいた行動をおこして家畜の飼育をやめ、畜力から人力への移行を進めた。・・・・・・農民たちは自発的に勤勉に働いて労働時間は長時間化し、勤労・勤勉を尊ぶ倫理観が形成されていった。*1

企業は「株式投資家が求める高い資本効率」という制約条件下での合理的行動として、設備投資によって労働生産性を向上させる代わりに労働者を低賃金で酷使する「資本から人力への移行」を進めたのです。江戸時代の農民は長時間労働のリターンを自分のものにできましたが、現代の労働者は株式市場の投資家(1/3は外人)のために働く賃金奴隷と化しています。*2 

f:id:prof_nemuro:20170302234352g:plain

日本経済団体連合会の榊原会長も2月20日の記者会見で

日本ではこれまで社員の勤勉さと長時間労働が産業競争力を支え、国際競争力の源泉となってきた側面がある。実態を離れた急激な規制は企業の競争力を損なう懸念がある。

と、長時間労働を堂々と正当化しています。

"Free, Fair, Global"の金融ビックバンによって金融資本市場のグローバリゼーション*3を進めた結果、それまでは独立性を保っていた日本経済が「周辺」化されてしまい、16世紀東ヨーロッパの再版農奴制のように「強制労働」が復活してしまったわけです*4。これがいわゆる「低賃金カルテル」の正体です。*5

世界システムの「周辺」では、この東ヨーロッパの農奴制度であれ、南北アメリカの黒人奴隷制度であれ、インドのライアット農民の制度であれ、それぞれの地域と関係の深いタイプの強制労働が採用されるが、そうした外見にもかかわらず、全体が世界的・資本主義的な分業体制のなかにある以上は、それらは、すべて近代資本主義の労働形態なのである。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

労働者が北オホツックの海で死ぬことなどは、丸ビルにいる重役には、どうでもいい事だった。資本主義がきまりきった所だけの利潤では行き詰まり、金利が下がって、金がダブついてくると、「文字通り」どんな事でもするし、どんな所へでも、死物狂いで血路を求め出してくる。

資本家は「モルモット」より安く買える「労働者」を、乃木軍神がやったと同じ方法で、入り代り、立ち代り雑作なく使い捨てた。鼻紙より無雑作に!

togetter.com

脱グローバリゼーションしない限り、日本の労働者に未来はないことは確実です。*6

下の記事に続く⇩

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:強調は引用者、以下同。

*2:大企業のこのような行動は、株式市場の投資家の圧力を直接受けない中小企業にも影響します。

*3:安倍晋三「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」

*4:Amazonの日本進出が宅配ドライバーを奴隷的労働に追い込んでいるのも一例。

*5:橋本龍太郎による金融ビックバンと財政構造改革は「地獄への道は善意で舗装されている」の典型です。

*6:TPPが発効していれば日本の労働者にとっては致命的な打撃になったでしょう。その点ではトランプ大統領に感謝です。