読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[グラフ]東京都の人口~構造改革とは日本の「周辺」化

日本経済

世界システムに深く組み込まれた国では、中心都市への人口集中が進むということなので、

ヘゲモニー国家の首都、つまり世界のメトロといえるような都市には、決まって大きなスラムが成立することになる。・・・・・・ヘゲモニー国家の首都は福祉の水準が高いことと、そこには世界の富と財が集中するため、いわゆる「都市雑業」のたぐいや港湾労働の需要がきわめて高くなるからである。

これと同時に、「周辺」諸国においても、首都への異様な人口集中がみられるようになる。・・・・・・近代世界システムは、その作用によって、「中核」「周辺」それぞれの地域の中心都市に人間を集中させたのである。

東京都の人口が全国人口に占める割合の推移を見ます。

f:id:prof_nemuro:20170312193520g:plain

1960年以降を拡大します。

f:id:prof_nemuro:20170312193806g:plain

転入超過数は1997年からプラスに転じています。

f:id:prof_nemuro:20170312193532g:plain

同じタイミングで名目GDPの増加が止まり、*1

f:id:prof_nemuro:20170312203421g:plain

人件費の増加も止まり、*2

f:id:prof_nemuro:20170312203424g:plain

名目賃金は下落に転じ、

f:id:prof_nemuro:20170217201123g:plain

企業は設備投資から金融投資にシフトし、

f:id:prof_nemuro:20170312203423g:plain

資金不足から資金余剰に転換しています。

f:id:prof_nemuro:20170312203758g:plain

これらの地殻変動の根底には、「変革と創造」を謳った橋本龍太郎内閣の「6つの改革」、その中でも特に「東京市場をニューヨーク、ロンドン並みに」することを狙った金融システム改革(金融ビックバン)があると考えられます。

幻滅 〔外国人社会学者が見た戦後日本70年〕

幻滅 〔外国人社会学者が見た戦後日本70年〕

・・・日本の異質性はプラスではなくてマイナスだ、なるべく先進国、アメリカのような国になろう」という思想に向かって、90年代の中頃、特に93年から98年まで、政官財界の体制がだんだん傾いていったあげく、いよいよ徹底的な行革を約束した橋本内閣が生まれた。

f:id:prof_nemuro:20170312214832g:plain

金融資本市場を通じてグローバル資本が日本企業に大きな影響を及ぼすようになった結果、日本経済が「海外への資本供給源としての役割国内投資不足を『強制労働』で補う」構造へと「改革」されてしまったわけです。グローバル資本にとっては、鴨が葱を背負って来たようなものだったのでしょう。*3

www.sankei.com

日本が米国の同盟国で、金融機関が巨額の資金を保有していることに触れ、「日本は素晴らしい資本の供給源だ」と述べた。

totb.hatenablog.com

企業が経済のグローバリゼーションに適応した結果が「日本部門のキャッシュ・カウ化」と「資本輸出のための再版農奴制」の広がりです。

川北稔の

「周辺」すなわち従属地域は、いったん支配的な中核国との関係を暴力的にでも断ち切らなければ、つねに「不等価交換による搾取と従属による社会・経済の構成の歪み」を生む圧力を受けるため、その立場から脱出はできない。

が正しいとすると、非・日本第一あるいは反・日本第一アベノミクスは日本を再興ではなく二等国へと転落させることになるでしょう。*4

最後の転落 〔ソ連崩壊のシナリオ〕

最後の転落 〔ソ連崩壊のシナリオ〕

(最後の転落―日本崩壊のシナリオ)

それが「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」とグローバル資本の総本山のニューヨーク証券取引所で高らかに宣言した安倍首相の真の狙いかもしれませんが。

totb.hatenablog.com

"Free, Fair, Global"の金融ビックバンによって金融資本市場のグローバリゼーションを進めた結果、それまでは独立性を保っていた日本経済が「周辺」化されてしまい、16世紀東ヨーロッパの再版農奴制のように「強制労働」が復活してしまったわけです。

totb.hatenablog.com

企業は国内での設備投資を控える一方で、ウェスチングハウス買収のような金融投資を積極化させています。人力シフトと同様、資本効率を高めるためには「効率的」だからです。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:多くの経済学者によると、地方へのばら撒きを止めて高生産性産業が多い東京に投資と労働力を集中させれば日本経済の成長率が高まるはずでしたが、現実はその正反対です。

*2:財務省「法人企業統計」の全産業(金融業、保険業を除く)のデータ。

*3:簡単に言うと、グローバル資本の利益を最優先する経済構造への改造。

*4:海外に供給する資本が枯渇する頃には、東京も人口高齢化と資本ストックの老朽化で沈んでいくでしょう。