Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[雑感]日本の科学研究の失速と改革中毒

Natureが「日本の科学研究はこの10年間で失速していて、科学界のエリートとしての地位が脅かされている」と警鐘を鳴らしています。

その主因は

  • カネをケチっている
  • 競争促進・成果主義・短期主義*1

と考えられますが、その背景には日本経済の凋落があります。

f:id:prof_nemuro:20170323215615g:plain

日本の名目GDPは1997年から成長を停止しています。

f:id:prof_nemuro:20170323140836g:plain

ドル換算GDPが減少している国は日本だけです。*2

f:id:prof_nemuro:20170323140908g:plain

ちなみに、ブービー賞はガンビアです。こんな国にも劣る最下位という意味で「日本スゲー」です。

news.yahoo.co.jp

「日本を取り戻す」どころか、GDPの世界シェアは1968年の水準に逆戻りしています。*3

f:id:prof_nemuro:20170323140853g:plain

1990年代半ばから、活力ある発展のためと称して財政改革(税制改正、等々)、行政改革郵政民営化道路公団民営化、国立大学の独立行政法人化、公務員人件費削減、等々)、金融システム改革(金融ビッグバン)、企業ガバナンス改革、雇用制度改革(労働者派遣法改正、等々)などのアメリカ的ネオリベラル改革が進められましたが、むしろ経済社会の至る所での弱体化を招いたようにしか見えません。*4

style.nikkei.com

「職員給与の削減」のみで経費の削減を行う、というのは「市民と職員の首の締めあい」です。

土壌を切り捨てることにより「贅肉を切り落とそうとして誤って脳みそを切り落としてしまった」日本では、創造的な若者たちが創造の場を失って、ワーキングプアに成り果ててしまった。

toyokeizai.net

私が、若い人に1つだけ言いたいのは、「みなさんには貧しくなる自由がある」ということだ。・・・・・・ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」と。*5

たとえると、

  1. 中年期に入った人が若い時の感覚で無茶をして体調が悪化する(バブル経済と崩壊)
  2. 治療を先送りしていたために危険な状態になる(金融危機
  3. 「アメリカで最新医学を修めた」と称する医師に治療を任せる(構造改革
  4. 衰弱が加速する
  5. 医師は「治療が不十分」として継続を主張する(もっと改革を!)

のようなものです。

正気であれば、医師は善意の薮医者悪意を持っていると判断できるはずですが、国民の多くが「『改革』と聞くだけで陶酔する中毒者」あるいは「改革教の信者」になっているために、医師をパージして治療を速やかに中止することができなくなっているのです。*6

財政均衡や官業民営化などの「改革」が1980年代前半に遡る「古い発想」であることを考慮すると、

第二次臨時行政調査会 - Wikipedia

「改革」という危険ドラッグを止めることは極めて難しいと言わざるを得ません。

Natureの「科学の世界におけるエリートとしての座を追われることになりかねません」という警告が的中してしまうでしょう。*7

ケインズ『一般理論』序文

むずかしいのは、その新しい発想自体ではなく、古い発想から逃れることです。その古い発想は、私たちのような教育を受けてきた者にとっては、心の隅々にまではびこっているのですから。

The difficulty lies, not in the new ideas, but in escaping from the old ones, which ramify, for those brought up as most of us have been, into every corner of our minds.

ケインズ『一般理論』第24章

経済学者や政治哲学者たちの発想というのは、それが正しい場合にもまちがっている場合にも、一般に思われているよりずっと強力なものです。・・・・・・善悪双方にとって危険なのは、発想なのであり、既存利害ではないのです。 

But apart from this contemporary mood, the ideas of economists and political philosophers, both when they are right and when they are wrong, are more powerful than is commonly understood. … But, soon or late, it is ideas, not vested interests, which are dangerous for good or evil.

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

追記 

改革派と牟田口廉也の精神構造は似ています。

bio.nikkeibp.co.jp 

既に日本の名目GDPは90年代に入って横ばいを続け、2009年以降は中国に抜かれて世界3位になっており、今後も大きな成長は期待できません。・・・・・・今回のNature Indexは政府から予算を引き出すための道具に使うのではなく、民間からの資金調達や大学の人事制度改革を加速させることに知恵を絞れ、というメッセージと受け止めるべきではないでしょうか。

togetter.com

f:id:prof_nemuro:20170326125320g:plain

*1:日本人は「追い込まれる→結果を出す」よりも「追い込まれる→保身に走る・潰れる」傾向が特に強いようです。『プロジェクトX』を一般化してはいけません。

*2:世界銀行のデータベースで1997年と2015年が比較可能な174カ国・地域中。

*3:東京オリンピック開催の2020年には前回の1964年の水準になっているかも?

*4:ほとんど大躍進政策文化大革命です。

*5:色は引用者。

*6:悪意の医師(頑張って成功した人=改革派):患者(みなさん=国民の大半)を衰弱させて判断能力を失わせる→後見人になる→患者の財産を売り飛ばす

*7:日本を二流国に転落させることが「改革派」の目的のように思えます。