Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

日本企業は日本人労働者を安く買い、外国企業を高く買う

日本の賃金が抑制されるようになった経緯を、内閣府「国民経済計算*1」と財務省「法人企業統計*2」で確認します。

経済全体の労働生産性の指標として就業者1人当たり実質国内総生産、賃金水準の指標として雇用者1人当たり賃金・俸給を用います。

f:id:prof_nemuro:20170427220939g:plain

f:id:prof_nemuro:20170427220938g:plain

  • 1980年代は賃金が生産性とほぼ同率で増加。
  • 1990年のバブル崩壊後、生産性が停滞するが賃金は増加を続ける。
  • 1997年以降、賃金が低下して生産性とのギャップが縮小に向かう。
  • 2001年にギャップが解消するが、その後も賃金は低下。

賃金と生産性の比(≒単位労働コスト)です。

f:id:prof_nemuro:20170427220937g:plain

バブル崩壊後、割高になっていた単位労働コストが1997-98年を境に急低下しています。現在の賃金が「あるべき水準」より約2割ディスカウントされていることも示唆されます。

1997-98年の金融危機が、火事場泥棒的な賃下げや非正規雇用を可能にしました。

f:id:prof_nemuro:20170427220936g:plain

りそな銀行への公的資金注入によって混乱がほぼ終息し、外需に牽引された景気拡大局面を迎えた2003年以降も人件費抑制は続き、利益や配当金が激増しています。

f:id:prof_nemuro:20170428014324g:plain

最近では「失われた20年」と言われますが、2003年以降はバブル崩壊への対処に苦しんだ「失われた10年」期とは全く別で、たとえるなら収奪的植民地政策に苦しめられているようなものです。*3

植民地では、本国の資本家への送金を最大化するために、現地人の労賃を最小化したり奴隷労働させることが正当化されますが、日本企業も外国への資金供給(配当や買収)を最大化するために、日本人労働者への労賃支払いを最小化して酷使するようになったわけです。

政治も「日本人よりも外国優先」で、収奪的植民地政策(自国民窮乏化政策)に加担しています。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

安倍語録

  • もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。
  • 日本を、能力にあふれる外国人が、もっと活躍しやすい場所にします。
  • 一定の条件を満たせば、日本は世界最速級のスピードで永住権を獲得することができる国になります。
  • 外国の企業・人が、最も仕事をしやすい国に、日本は変わっていきます。
  • そのとき社会はあたかもリセット・ボタンを押したようになって、日本の景色は一変するでしょう。

下の記事は参考になります。郵政民営化の目的の一つが日本のカネを外国に献上することだったことが分かります。

diamond.jp 

バブル崩壊でペシャンコになった企業は、1990年代からリストラに励んだ。手を付けたのが人減らし、給与カット、従業員の非正規化である。

内部留保370兆円のかなりの部分は従業員の犠牲の産物だ。汗と涙が企業の貯金を殖やした。そのカネが外国企業の買収に充てられる。汗と涙の結晶は海外に流出する。その投資で利益を稼ぐ、というならまだ許せる。6000億円投資して4000円損した。背徳行為ではないのか。

国内のカネを海外で使えば、国内消費を減らし、外国の消費を増やすことになる。M&Aブームは労働現場の疲弊によって生まれ、その失敗は国富を流出させる。

さらに詳しくは関連記事をどうぞ。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

おまけ

過去記事から再掲します。

下は鷺巣義明の解説ですが、

ゼイリブ 通常版 [Blu-ray]

ゼイリブ 通常版 [Blu-ray]

80年代のレーガン革命・・・が別の銀河系からやってきたエイリアンによって行われていたら?・・・エイリアンにとって地球が第三世界であり、資源を搾取するための奴隷星と化している姿は、先進諸国が第三世界の資源を搾取する姿と重なっている。・・・THEY(彼ら)からすれば、地球のあらゆる資源を吸収すれば、別の惑星へと移っていくだけだが。

これを

1990年代以降の構造改革が、別の国からやってきたエイリアン(外人/グローバル資本)によって行われていたら? グローバル資本にとって日本が経済的資源を搾取するための植民地と化している。THEY(彼ら)からすれば、日本のあらゆる経済的資源を吸収すれば、別の国へと移っていくだけだが。

とすれば、日本の現実になります。なお、トランプとルペンの共通点は「反グローバリズム」です。

*1:1980-2009は1993SNA、1994-2015年は2008SNA

*2:金融業、保険業を除く全産業

*3:日帝36年