Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

銀行貸出の出所に関する誤解

共同通信社経済部記者が初歩的な誤解をしています。

gendai.ismedia.jp

多くの銀行は、日銀の金融緩和で供給された資金をアパートローンやカードローンに回し、「貸し出しを伸ばした」と標榜しているが、これらが個人の資産形成にダメージを与えるのは必至で、金融庁の厳しい監視の目が向けられるのは言うまでもない。

日本銀行が銀行に供給する資金は、日銀⇔銀行や銀行⇔銀行の取引に用いられるもので、市中への貸出には回りません。銀行が貸し出す資金は銀行が信用創造するもので、日銀から供給された資金を又貸しするのではありません。

準備預金は、銀行の対企業融資の原資を提供するのではなく、日銀勘定にじっと留まったまま、銀行間決済の場、日銀による金利操作の舞台、という役割を務めるもの。

大手メディアの経済部記者が初歩的な誤解に基づいた記事を執筆し続けているとは困ったことです。