Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

女が稼ぐほど結婚できなくなる必然

最近、女の上方婚志向が非婚化の一因とする記事が増えてきたようです。

toyokeizai.net 

当ブログでは既に多くの記事を書いていますが、簡単にまとめてみます。

結婚相手の条件として重視する項目には、男女で著しい違いがあります。

f:id:prof_nemuro:20170611235005p:plain

女の経済力重視は、学歴や職業を問いません。

f:id:prof_nemuro:20170611234936p:plain

f:id:prof_nemuro:20170611234916p:plain

必然的に、経済力の低い男は子供を残す可能性が低下します。

f:id:prof_nemuro:20170612073220p:plain

女が結婚相手の経済力を重視するのは人類に普遍的なcultural universalであり、生物学的な理由に基づくと考えられます。

他の動物と比べた人間の特徴は、男が「父親」として子育てに参加することです。

あなたのなかのサル―霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源

あなたのなかのサル―霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源

西欧の生物学者がとらえる核家族とは、オスがメスを世話し、その見返りに貞節を求めるシステムだ。・・・・・・女性は男性をセックスで誘い、最大限の保護と世話を手に入れる。・・・・・・典型的なのは「セックスさせて食べ物をもらう」 取りひきに子どもがくっついた関係だ。

人間は昔よりも大きな集団のなかで暮らしているが、その集団内で人間生活の要をなしているのは、男、妻、その子どもという核家族である。結婚とは子育ての制度なのだ。どこの社会であれ、たとえそれが食料の供給のみであっても、父親は少なくとも多少は子育てに加わる。*1

現代の女性の心の奥底にも、まったく同じ狩猟採集者の計算高さが潜んでいる。・・・・・・子どもに食物を与え、世話をやく扶養者としての夫を捕まえてやろう、あるいは子どもに一流の遺伝子を与えてくれる恋人を見つけてやろう。両者が同一人物であるとしたら、その女性はとても幸運だといえる。

gendai.ismedia.jp

他の動物では雌が子育てしますが、人間は女単独での子育てが困難なため、男を「セックスの独占権」と引き換えに自分と子供の扶養者として取り込んだわけです。女にとっての男の価値は「扶養者」であることなので、その逆の「穀潰し」を養う意味は全くありません。子育てに男の稼ぎが不要であれば、他の動物のように高スペックの男(既婚者を含む)から「一流の遺伝子」をもらってシングルマザーになるほうが経済合理的です(→事実上の一夫多妻)。

リベラルな人は「女の上方婚」を社会的に作られたある種の差別の表れと見なしたいようですが、そうではなく、生殖の面では女が選ぶ、あるいは貢がせる強い立場にいることの反映ということです(むしろ、女が経済力等のスペックで男を差別している)。男が女を養うことには「自分の子供を残せる」というメリットがあるが、その逆はデメリットしかないことが、女の上方婚志向として表れているのです。

リベラルには「何が悲しくて、高スペックの私が低スペック男(キモくて金のないオッサン)と結婚してセックスして子供を産んで養わなければならないのか」という女の気持ちが理解できないようです。

qz.com

“I’d rather be single and die alone than date Kong men.”

So ladies, if you don’t want to end up as an old maid and die alone, you must hurry and “get real.” Don’t be picky and only go after men who have a “good package.” Cure your “princess syndrome” and stop being a spoiled brat. Don’t become one of those gold-digging, delusional Kong nui (a derogatory term for Hong Kong women) or a successful career woman.

一方、男は女(妻)を養える経済力を備えなければ子供を残せないので、必然的に女よりも稼ぐことに駆り立てられます。この結果としての所得格差が男女のマッチングには不可欠ですが、リベラルがこれを差別と見なして均等化を目指すために、マッチングできない男女が激増しているわけです。

以上より、人間社会は

  1. 男女同等
  2. 女の上方婚志向(最低でも自分と同等/未満はお断り)
  3. 社会の持続

の三つのうち二つしか同時に満たすことができないという(リベラルにとっては不都合な)トリレンマが導かれます。伝統社会は男女の役割分担によって2と3を満たしてきましたが、リベラリズムが男女の役割分担を差別として否定したために、非婚化・少子化によって社会が持続不能なコースに向かっています。1と3を選ぶのであれば、女の本性の2を我慢させる必要がありますが、人間の本性に逆らった共産主義が崩壊したことを考えるとおそらく無理でしょう。*2

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

労働の性的分業は、カルチャー・ユニヴァーサル、つまり人間社会に普遍的な慣習の一つである。

人間は社会をどのようにも変えられるという考えがあるが、これは知られている限りでは長期的に成功した試しがない。

詳しくは参考記事をどうぞ。

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

totb.hatenablog.com

*1:強調は引用者。

*2:フェミニズムジェンダー平等は、共産主義に続く人類の「壮大な実験」ということ。