Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[グラフ]アベノミクスの成果?

アベノミクスの成果とやらについて検証します。

リフレ派によれば「日本銀行がお金をいっぱい刷り、これからも当分そうしますよ、と言えば」、簡単にインフレ期待が発生するはずでしたが、

f:id:prof_nemuro:20170619231917p:plain

現実は違いました。

f:id:prof_nemuro:20170619232331p:plain

成果は労働市場に表れているという見方もあります。例えば、2016年3月の大卒者の就職率はバブル崩壊直後の水準まで回復しています。

f:id:prof_nemuro:20170619225230p:plain

f:id:prof_nemuro:20170619225212p:plain

しかし、この回復は、リーマンショックによって一時後退した2003年以降のwageless recoveryの延長と見るのが妥当です。

  • 1997年秋に金融危機発生
  • 1998年~2002年に企業のdeleveraging & restructuringで大幅に後退
  • 2003年以降wageless recovery(戦後最長の景気拡大)
  • 2008年秋のリーマンショックで一時的後退
  • 2010年から再びwageless recoveryに回帰(現時点で戦後3番目の景気拡大)

完全失業率や企業業績も同様です。

f:id:prof_nemuro:20170619225021p:plain

f:id:prof_nemuro:20170619225154p:plain

アベノミクスの顕著な「成果」は、先進国通貨に対して過大評価されていた円相場を「日本の大安売り*1」の水準に逆転させたくらいで(→訪日外客数激増)、その他の「成果」とされるものは、リーマンショックの一時的後退からの回復で十分に説明可能です。

f:id:prof_nemuro:20170620192526p:plain

f:id:prof_nemuro:20170619233913p:plain

totb.hatenablog.com

www.asahi.com

多くの国民にとっては残念なことに、"wageless"は継続中です。生活のrecoveryが実現する日は来るのでしょうか。

f:id:prof_nemuro:20170619225840p:plain

f:id:prof_nemuro:20170625174836p:plain

続く⇩

totb.hatenablog.com

*1:政府は日本が中国人や東南アジア人にとって「割安な国」に転落したことを「成果」と誇っているわけです。