Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[グラフ]フェミニズム国家・スウェーデンの性犯罪

世界初の"feminist government"を誇るイデオロギー国家・スウェーデンですが、性犯罪のために来年の音楽祭が中止される予定になったり、代わりに男を排除した女だけのイベントを開催しようとする運動が始まったりと、国是のジェンダー平等とは矛盾した事態が生じています。

性犯罪の推移をグラフで確認します。*1

f:id:prof_nemuro:20170917191657p:plain

性犯罪に遭った女の割合は3年間で倍増しています。

f:id:prof_nemuro:20170917192439p:plain

このタイミングで増えているのが難民・移民です。

f:id:prof_nemuro:20170917191803p:plain

f:id:prof_nemuro:20170917191818p:plain

スウェーデン政府は「外国人の犯罪率の高さは社会経済的要因の差で説明できる」「政府が事実を隠蔽しても得るものはない」などと必死に「難民増加と犯罪増加は無関係」と主張しています。

しかし、スウェーデンと同じく多数の難民が流入したドイツの連邦刑事庁(BKA)の犯罪統計(PKS2016)によると、人口の1割強の外国人(非ドイツ人)が性犯罪の4割弱、認定されていない“難民"等(Zuwanderer)だけでも約15%を占めています。

news.yahoo.co.jp

ドイツとスウェーデンの「難民」に大差はないはずなので、2013年以降のスウェーデンの性犯罪の増加にも「難民」が大いに寄与していると見るのが妥当でしょう。

教訓:フェミニストは正直ではない(→信用できない)。*2

totb.hatenablog.com

togetter.com 

*1:スウェーデンは性犯罪の定義をどんどん拡げているため、国際比較や時系列比較には注意を要します。

*2:「難民」絡みの数字が隠されているわけではないものの、その解釈をミスリードさせようとする意図が感じ取れるということ。