Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

過去最高の名目GDPと「改革」のゴール

安倍首相は28日の衆議院解散後の両院議員総会で、

昨年とうとう、名目GDPが1997年以来、過去最高を記録することが出来た。

と述べたそうです。

年度で比較すると、2016年度は538兆円で、1997年度の533兆円を4.8兆円上回っています。

もっとも、名目国内総生産には付加価値型税(VAT)が含まれています。*1

f:id:prof_nemuro:20170930013053p:plain

税抜では印象が変わります。

f:id:prof_nemuro:20170930011517p:plain

民主党政権(2009年9月~2012年12月)期の底這いが2013年度から急拡大に転じたことから、安倍首相の経済運営を称賛する人も多いようです。

しかし、国内総生産国内需要(VATを除く)、VAT、純輸出に分解すると、

  • 民主党政権でも国内需要はV字回復に転じていた。
  • 国内需要(VATを除く)は2013年度に駆け込み需要で急増したものの、翌年度以降は停滞。
  • 2014年度以降の名目GDPの拡大は純輸出の改善とVATによるもの。

f:id:prof_nemuro:20170930064723p:plain

民主党政権期の名目GDPの低迷は

などによって純輸出の赤字が急拡大したためで、

f:id:prof_nemuro:20170930064739p:plain

f:id:prof_nemuro:20170930160924p:plain

一方、安倍政権における名目GDP急拡大には、

  • 2013年度:消費税率引き上げ前の駆け込み需要
  • 2014年度以降:消費税の増収と石油・ガス価格の急落

の寄与が効いています。

下のグラフが、消費税と鉱物性燃料の「お化粧」を落としたアベノミクスの姿を示しています。

f:id:prof_nemuro:20170930162257p:plain

f:id:prof_nemuro:20171001011202p:plain

輸出金額の増加は数量増ではなく円安→円換算額増加によるもの。

f:id:prof_nemuro:20171002012718p:plain

就業者1人当たり実質GDPの増加ペースは減速。

f:id:prof_nemuro:20171002020513p:plain

就業者の増加が主に女と高齢者であることは、生活のために働かなければならなくなった/リタイアできない人が減っていないことを示唆しています。

f:id:prof_nemuro:20171002015647p:plain

諸要因が民主党には向かい風、安倍政権には追い風に働いたことが、アベノミクスの成果を実態以上に大きく見せている感は否めません。

付録①

安倍首相は「1990年代の新党ブームが混乱と経済の低迷をもたらした」とも述べましたが、

  1. 自民党の「改革派」にネオリベ養成所の松下政経塾出身者などが加わった日本新党やさきがけなどからのネオリベ改革圧力が高まる。
  2. その影響で自民党自由民主主義から新自由主義政党へと変質する。
  3. 橋本内閣の「六つの改革」、小泉内閣の「構造改革」などの新自由主義改革が実行される。
  4. 改革によって混乱と経済の低迷がもたらされる。
  5. その不満が民主党政権を誕生させるが、事業仕分けなどの新自由主義改革によって混乱と混迷が悪化。
  6. 安倍政権が空前の新自由主義改革を始める。

という流れです。(⇩安倍首相が力を入れる「観光立国」)

10月22日の衆議院選挙も、自民党希望の党新自由主義改革を競うようなので、日本の没落は止まらないでしょう。*2

日本のリベラル&ネオリベの「改革」のゴールは、日本人の賃金・生活水準をグローバルスタンダードに合わせること、すなわち「日本人特権」の廃止です。なので、改革すればするほど一般的な日本人の生活は悪化していきます。

totb.hatenablog.com

改革が成功していることを示すデータ(⇩)。

f:id:prof_nemuro:20170918085911p:plain

付録②

新党ブームに乗って政界入りした「改革の旗手」には、このような人が多いようです。

精神病質 - Wikipedia

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的 
付録③

新自由主義についてはこちら(⇩)が本質に迫っているのでお勧めします。原題の"Stealth Revolution"は言い得て妙です。

自由主義から新自由主義的民主主義へと移行する過程で、市民の美徳は、責任化された企業家精神と自己投資へとつくりなおされる一方で、緊縮財政期においては、国家の長とビジネス界の長によって日常的に求められる「犠牲の共有」としてもつくりなおされる。このような犠牲は突然の失業、一時的解雇、給与や福利厚生や年金の削減を意味するかもしれないし、スタグフレーション、通貨下落、信用収縮、流動性危機、差し押さえ危機といった、より持続的な影響を被ることが含まれているかもしれない。「犠牲の共有」は教育、インフラ、公共交通機関、公園、公共サービスへの国家投資の切り詰めという影響を指しているのかもしれないし、たんに雇用の「共有」、すなわち勤務時間と給与の削減を導入する一つのやり方なのかもしれない。

同書では新自由主義の特徴の一つに「グローバル金融と投資資本のために理想的な条件を作ること」が挙げられていますが、これは小池都知事希望の党代表)が推進する東京の国際金融都市化そのものです。

*1:消費税のこと。2016年度の地方消費税は当初見込額。

*2:小池百合子は1992年に日本新党から政界デビュー。