Think outside the box

MAKE JAPAN GREAT AGAIN

[紹介]イタリアの大学改革

イタリアの大学改革についてですが、日本の参考にもなる内容なので紹介します。

In this article, we illustrate how growing centralized control has emerged from the development of national assessment process– the scientific probing which sparks a conflict between political, scientific and ethical dimensions. We also document the effort that the governmental agency put forward to self-validate its practices by disseminating shady experimental results in the international bibliometric literature.

下は、安倍首相のOECD閣僚理事会(2014年5月6日)での基調演説からの抜粋です。

モノカルチャー型の高等教育では、斬新な発想は生まれません。

だからこそ、私は、教育改革を進めています。学術研究を深めるのではなく、もっと社会のニーズを見据えた、もっと実践的な、職業教育を行う。そうした新たな枠組みを、高等教育に取り込みたいと考えています。 

ノーベル賞の山中教授が実用化への道を大きく拓いた再生医療にも、今後、とてつもない規模の資本が投下されるはずです。

50年から60年周期で起きる、超長期のコンドラチェフ・サイクルが、底を打ち、上昇を始めた。それが、日本です。