Think outside the box

夏眠中|I shall return.

[グラフ]エンゲル係数

1月31日の参議院予算委員会エンゲル係数が取り上げられていたので、グラフで確認します。

まずは「エンゲル法則」についての吉川洋の解説です。

Kei2007年1月号

先進国の経済成長を考えるとき、念頭に置くべき鉄則がある。それは「個別の財・サービスの需要は、いつか必ず飽和する」というものだ。

わかりやすい例として「エンゲル法則」が挙げられよう。家計が豊かになるに従って食費の占める比率は下がっていくという法則だ。これは、食費の支出はあるところで頭打ちになる(需要が飽和する)ことを示している。*1

簡単に言うと、支出を2倍に増やしても食べる量は2倍にならないために、「家計が豊かになるに従って食費の占める比率は下がっていく」わけです。*2

エンゲル係数の長期低下トレンドは1997年で終焉していますが、これは、名目GDPの長期増加トレンドの終焉と対応しています。つまりは家計が豊かにならなくなったことの反映です。*3

長期低下トレンドの途中でも、経済危機(国難)の際には上昇していましたが、アベノミクスでの上昇はそれらを大きく上回っています。

二人以上の世帯(暦年)

f:id:prof_nemuro:20180201212048p:plain

f:id:prof_nemuro:20180202170920p:plain

年収が少ない世帯ほど上昇幅が大きくなっています。

f:id:prof_nemuro:20180201211530p:plain

f:id:prof_nemuro:20180201212008p:plain

総世帯(4四半期移動平均

f:id:prof_nemuro:20180201215603p:plain

f:id:prof_nemuro:20180201215540p:plain

2007→2009年と2013→2017年に食料価格(の相対価格)が急上昇しています。

f:id:prof_nemuro:20180201212242p:plain

f:id:prof_nemuro:20180202010401p:plain

以上をまとめると、2013年以降のエンゲル係数の急上昇は、

  • 食料価格の上昇(円安が一つの要因)⇒分子⤴
  • 消費税率引き上げ後の食料以外の支出の減少*4⇒分母⤵
  • 収入減⇒分母⤵

でほぼ説明できます。

安倍首相は予算委員会でも雇用者の増加を経済が順調である証拠としていましたが、女・高齢者の就業率上昇とエンゲル係数上昇が同時進行していることは、「働かなければ食べていけない世帯*5」の増加、つまりは貧困化を意味していると言えそうです。*6

f:id:prof_nemuro:20180201212313p:plain

続く⇩

totb.hatenablog.com

*1:強調は引用者。

*2:「食」は基本的欲求なので、食料は支出弾力性が1未満の基礎的支出となるため(固定費的)。例えばエンゲル係数が20%の世帯で「収入が10万円+α増える→支出を10万円増やす」場合、食費の増加は2万円未満にとどまるので、エンゲル係数は20%未満に低下する。逆に、支出を10万円減らす場合、食費の減少は2万円未満にとどまるので、エンゲル係数は上昇する。

*3:家計を豊かにすることではなく、資本家(投資家)を豊かにすることが構造改革の目標です。

*4:一部の学者が唱える「社会保障の安定財源のために消費税率を引き上げれば将来不安が解消して消費が増える」への反証となっています。

*5:景気変動の影響を除くと、豊かになることは就業率の低下要因です。高度成長期に専業主婦が増加したのは、夫の給与だけで生活できる世帯が増えたためです。

*6:エンゲル係数と就業率だけを見れば、「日本経済は石油危機や金融危機を超える危機的状況にあるが、女と高齢者と外国人を動員することで当座をしのいでいる」ということも可能です。