Think outside the box

夏眠中|I shall return.

「生産性」論争とPolitical Tribes

自由民主党の杉田議員が『新潮45』に寄稿した内容に批判が殺到しているようです。中でも、杉田議員に批判的に書かれた毎日新聞の批判は激烈です。

そもそも、子供を持つかどうかで人の価値を測り、「生産性」という経済の尺度で線引きするなど、許されることではない。

しかも、日本に暮らす全ての人が対象となるのが行政サービスだ。そこからLGBTだけを外せと言わんばかりであり、これはもはや主義・主張や政策の範ちゅうではない。

特定の少数者や弱者の人権を侵害するヘイトスピーチの類いであり、ナチスの優生思想にもつながりかねない。明らかに公序良俗に反する。

しかし、全文を読んでいれば、これが文意を曲解した批判のための批判であることは明らかです。*1

該当箇所を引用します。

新潮45 2018年08月号

新潮45 2018年08月号

「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。

例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要綱を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。 

杉田議員が「LGBTには生産性がない=人間としての存在価値がない」と主張しているかのように印象操作していますが、ここでの「生産性」が人口再生産率=出生率を意味していることや*2、子供を持つかどうかで人の価値を測ったり、経済の尺度で線引きしているわけではないことは明らかです。*3

  • 社会の存続には人口再生産(reproduction)が不可欠である。
  • 人間は男女がペアになった家族で子育てする動物である。
  • 結婚の第一義的な意義は繁殖である。

なので、結婚した男女に人口再生産促進策として税金を投入することには大義名分があるが、同性カップルは繁殖できないので投入できない、というのが杉田議員の趣旨でしょう。これには賛否があるでしょうが、人権侵害や公序良俗に反する主張でないことは明白です。*4*5

あなたのなかのサル―霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源

あなたのなかのサル―霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源

人間の社会組織には、

(1)男どうしのつながり

(2)女どうしのつながり

(3)核家族

という三つの特徴が並存している。(1)はチンパンジーと、(2)はボノボと共通しているが、(3)はヒトにしか見られない特徴だ。

人間の社会秩序は、家庭を中心に展開する。私たちの祖先は、家庭というモデルを基礎にして、男も女も責任を果たし、安心していられる協力的な社会を築いていったのだろう。 

家族システムの起源(上) 〔I ユーラシア〕〔2分冊〕

家族システムの起源(上) 〔I ユーラシア〕〔2分冊〕

起源的家族は、夫婦を基本的要素とする核家族型のものであった。

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

結婚の第一義的な意義が繁殖にあるのは自明である。

家族進化論

家族進化論

首長制社会や国家は富や権威を集中させるとともに、繁殖の権利を独占し、人々の生殖を操作してもよかったはずである。家族を解体し、社会の階層によって子孫のつくり方に制限を加えるほうが効率のよい組織をつくれたはずではないかと思われる。ところがそうはならなかった。 

その理由は、人間がいまだに繁殖と育児の基本単位として家族に大きく依存しており、これが人間の繁殖における平等を保証する最良の組織とみなしているからである。人間は経済における不平等は受け入れても、繁殖における不平等は受け入れなかったのである。

LGBTを理由に税金を投入するべきではない(特別扱いしない/非LGBTと等しく扱う)」を「LGBTを行政サービスの対象から外せ」と歪曲するような報道機関を信用することは難しいでしょう。

文脈を無視して発言の一部を切り出して「差別」と糾弾する手法は、2007年の柳澤厚生労働大臣(当時)の「女性は産む機械」発言と共通します。柳澤大臣は「出生数=出産可能年齢人口×1人当たり出産数」の関係を「生産量=機械の台数×1台当たり生産量」に例えて表現しただけで、女をブロイラー呼ばわりしたわけではありません。(なお、柳澤は大臣を辞任していません。)

柳澤伯夫 - Wikipedia

下の記事の最初のコメントに"it was the left that started this nonsense."とありますが、この手法は西洋でも猛威を振るっています。

They’re just looking for sentences and phrases they can take out of context to cast you in a bad light. The same technique has been used to shame Kevin Williamson, Bari Weiss, Daniella Greenbaum, Sam Harris, Bret Weinstein, Dave Rubin, Jason Riley, Heather Mac Donald, Jordan Peterson, Charles Murray, and countless others. It’s cherry-picking—or rather, cherry bomb-picking. As Ben Shapiro, another victim of this tactic, wrote recently: “It’s not that these people are hated because they’ve said terrible things. It’s that they’re hated, so the hard Left tries to dig up supposedly terrible things they’ve said.”

I felt I had no choice but to issue a public apology and stand down.

In one respect, that was a mistake. I had been warned that abasing yourself at the feet of the outrage mob and apologizing would just embolden them. They will take it as a blanket admission of guilt and demand that you be removed from all your remaining positions until you’ve lost your livelihood—and so it proved to be. 

今回は「生産性」の解釈が問題になりましたが、これも西洋で過激化(過敏化)しています。下の記事ではデータ分析における"cleansing"が「民族浄化」を連想させるとして言葉狩りの対象になっています。*6

As soon as we pushed our desks together, one of the group members instantly asserted that the article was “disgusting.” We waited for elaboration. There was none. She treated the assertion as self-evident.

The article contained many offensive words, she finally explained after much prodding. “Like…what?” I asked, genuinely confused.

“Cleansing,” she said. As in, “cleansing algorithms.”

I thought she was joking. She wasn’t. 

エイミー・チュアは近著の"Political Tribes"で、アメリカ社会が"market-dominant minority"のcoastal eliteと原住民(多数は白人)の二つのtribeに分離して、両者の対立が激化していると指摘しています。*7

Political Tribes: Group Instinct and the Fate of Nations

Political Tribes: Group Instinct and the Fate of Nations

American elites often like to think of themselves as the exact opposite of tribal, as “citizens of the world” who celebrate universal humanity and embrace global, cosmopolitan values. But what these elites don’t see is how tribal their cosmopolitanism is.

この「部族間対立」では「敵」を倒すことが目的になるので、相手の主張を理解することよりも曲解することに精力が注がれます。

西洋のtribalismが日本にも広がりつつあるようです。*8

付録

毎日新聞の英語版では"bigoted"と人格攻撃を行っています。

朝日新聞の7月25日の社説は「LGTB 自民の認識が問われる」ですが、英語版では"Sugita’s idiocy on LGBT rejected by society but not the LDP"とやはり人格攻撃を行っています。

印象操作したフェイクニュースを海外に発信してバッシングを逆輸入する、いつもの手法です。

参考

こちらの論争からも、そう単純な問題ではないことが分かります。

キプリングレイシスト認定→抹消

おまけ

まともなことを言っても批判されてしまう森元首相。これも一種のtribalismでしょう。

*1:杉田議員の主張は「LGBを政府が特別扱いする必要はない=非LGBと等しく扱うべき」です。

*2:一般的に「生産性」ば経済学的な付加価値生産性を指すので、それとの違いを強調するために「」を付けていると思われる。

*3:毎日新聞は、労働者を経済の尺度で評価する「労働生産性」をなぜ問題視しないのでしょうか。

*4:男同士のカップルに不妊治療として税金を投入するのか、ということ。

*5:男女のカップルでも繁殖できるとは限らない、という反論がありますが、どこかに線を引かなければならない以上、異性カップルと同性カップルの間に線を引くことには合理性があるでしょう。

*6:2010年には自民党が仙谷官房長官の「暴力装置」発言を批判しましたが、これも言い掛かりの一例です。

*7:人類の歴史では、人種や民族によってtribeが分かれるのが通常だったが、近年のアメリカでは思想によって分かれるようになってきた、というのがチュアの指摘です。サンダース報道官がレストランから追い出された事件は、かつての"White Only"が"Liberal Only"になったことを意味します。リベラルにとって、トランプの当選は「土人の反乱」のようなものです。

*8:Tribalismでは「敵に敵対しない者は敵」になるので、杉田議員批判の誤りを指摘するだけで敵認定されます。杉田議員のこれまでの言動から判断して「敵」に回ることと、『新潮45』批判の誤りを指摘することが両立することを理解できなくなるわけです。