Think outside the box

夏眠中|I shall return.

[雑感]低リテラシー政治

立憲民主党が杉田議員の「生産性」を批判するコメントを出しましたが、*1

これが言い掛かりであることは一つ前の記事で検証した通りです。

totb.hatenablog.com

改めて該当箇所を引用します。

子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。

「生産性」が人口再生産への寄与度=出生率の意味であることや、税金を投入する必要がないのが子育て支援不妊治療であって行政サービス全般ではないこと、LGBTに「人間としての価値がない/国家・社会にとって価値がない」などと主張していないことは、普通の国語力・リテラシーがあれば分かることであり、読解テストの解答であれば零点です。*2

人間に対して「生産性」という言葉を使うのは差別的で不適切、というのであれば、「人口再生産」や「労働生産性」も差別用語になってしまいますが、どのように言い換えるのでしょうか。*3

批判者が杉田議員と自民党を攻撃するために意図的に誤読しているとすれば問題ですが、本当に誤読している人が少なくないとすると、ある意味では、そちらの方が恐ろしいとも言えます。*4

「教科書を読めない子どもたち」が話題になりましたが、杉田議員の平易な文章ですら「読めない」のであれば、より高度な外交や経済財政政策などを理解できるとは考えにくいからです。*5

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

リテラシーな政治を見ていると、「これはだめかも分からんね」という気分になってきます。*6

totb.hatenablog.com 

PISAでは上位なのですが。

f:id:prof_nemuro:20180727205235p:plain

多様性の追求が新たな摩擦や混乱を生み出すことについては、下の記事等を参考に。 

Several prominent feminists including Greer, Fay Weldon and Jenni Murray, as well as a number of male commentators, have raised concerns that the recent move towards “gender neutral” or “gender non-binary” could have damaging consequences both for women and for society as a whole. 

参考

上野千鶴子は男の「恋愛弱者とか性的弱者」は子供を残さずに滅びよ(→遺伝子を絶やすためには少子化でもOK)、と述べていましたが、杉田議員とどちらが悪質でしょうか。LGBTには許されない発言でも、KKOには許されるのでしょうか。

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?

男の幻想を生身で演じてくれる女がすくなくなった。言い換えれば、女がアホらしくてそのゲームから降りはじめたわけです。

もし、そのゲームに参入する女がいたら、そこには当然きしみや違和感が発生し、ノイズが発生します。彼らはそのノイズの発生を、「めんどうくさい」と言います。でも、関係というのは、めんどうくさいもんなのです(笑)。めんどうくさがる男たちが、実際のインタラクションから完全に撤退してくれたら、それはそれでいい。ギャルゲーでヌキながら、性犯罪を犯さずに、平和に滅びていってくれればいい。そうすれば、ノイズ嫌いでめんどうくさがりやの男を、再生産しないですみますから。

ただし、そうなった場合、彼らの老後が不良債権化するかもしれませんね。ところが、彼らが間違って子どもをつくったらたいへんです。子どもって、コントロールできないノイズだから。ノイズ嫌いの親のもとに生まれてきた子どもにとっては受難ですよ。そう考えてみると、少子化はぜんぜんOKだと思います。*7

おまけですが、夫婦共働きしなければ生活できない水準まで賃下げすることが、フェミニズムの経済政策であり、安倍政権の「女性が輝く」「一億総活躍」に取り入れられています。*8

正規雇用者の給料を下げて、夫に600万円払っているのなら、夫に300万円、妻に300万円払うようにすれば、納税者も増えます。*9

*1:立憲民主党が経済よりもidentity politicsを重視するリベラル政党であることの証拠でもあります。

*2:主旨は「LGBを特別扱いする必要はない→上乗せの税金投入は不要(ただし、Tには一定の配慮が必要)」「過度の多様性は社会を大混乱させる」でした。

*3:政治家に「もっと生産的な議論をしてくれ」と要求するのも禁止でしょうか。

*4:杉田議員のこれまでの言動がおかしいからといって、意図的に誤読することは反則でしょう。

*5:実際、「国の借金が増えている→このままでは財政破綻が近い→消費税増税待ったなし」といった短絡的思考が蔓延しているようです。

*6:杉田議員批判の誤りを指摘することは、杉田議員支持を意味しないので、念のため。

*7:強調は引用者。

*8:未だに安倍首相を保守/極右と見なしている人もいるようですが、就任早々に「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」と述べた通り、コスモポリタンのウルトラ・リベラルです。従って、立憲民主党の安倍政権批判は、リベラル内部の路線対立に過ぎないことになります。

*9:[引用者注]納税額が増えるとは言っていない。